« 雑誌『アイデア』特集:装綴ファッションデザインの生態学 | トップページ | 「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」展 »

2020年6月14日 (日)

ハナショウブで鬱陶しさをリフレッシュ!

 梅雨の晴れ間に鎌倉中央公園を訪れました、といっても長年来たことがなかったので、数十年ぶりです。大きな池があって、その向こうが湿地帯になっています。そこに今を盛りにハナショウブ(花菖蒲)が見頃を迎えていました。
20200606160936imgp65951  周囲の緑の中で、ひときわ華やかに咲いています。花の色も赤紫から青みのもの、白や黄色まで様々、近くにある大船フラワーセンターで品種改良されたもののようです。

20200606160902imgp65911  ハナショウブというと北鎌倉にある東慶寺の菖蒲園を思い出します。コロナ騒動で今年はまだ一般拝観できないのが残念ですが---。

 大輪の優美な咲き姿に鬱陶しい気分をリフレッシュ!しました。

|

« 雑誌『アイデア』特集:装綴ファッションデザインの生態学 | トップページ | 「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑誌『アイデア』特集:装綴ファッションデザインの生態学 | トップページ | 「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」展 »