« 来期メゾン・エ・オブジェ デザイナー賞フランクリン・アジ | トップページ | 2021年春夏ミラノウニカ 流行色2020SUMMER掲載 »

2020年6月 1日 (月)

ドレス・コード?―着る人たちのゲーム展 オンライントーク

 この夏、東京オペラシティアートギャラリーで「ドレス・コード?―着る人たちのゲーム展」の開催が予定されています。これに先立ち、篠崎友亮さん主宰FashionStudies🄬による、オンライントーク動画が公開されました。
▼チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC1xd23Bzn-KZPJwNqNXjH_g/

11_20200531194901  この展覧会は昨夏に京都で始まり、熊本、そして今年東京へ巡回してきたものです。コロナ禍で開催日程が未定ですが、決まれば、私もぜひ見に行きたいと思っています。
 「今日着ている服、あなたはどうやって選びましたか?」の問いかけに始まる本展、服を「着る」という行為にはいつも意味があることに気づかされます。
 京都服飾文化研究財団 アソシエイト・キュレーターの小形道正さんがおっしゃっているように、服には特定のグループに通用するコードがあり、他者とコミュニケーションしている、というのは、ファッションの本質ですね。
 提案されている13のコードは、すべて質問形で表現されていて、たとえば「裸で外を歩いてはいけない?」、「組織のルールを守らなければならない?」といったような形式で展開されるそう。どのような展示がなされるのか、楽しみです。
 またファッション展というと、ふつう服飾の歴史とかデザイナーに焦点を当てられるものですが、これは「視る/視られる」立場にある「着る」人が主体の展覧会になっているとのこと。その意味でもかつてない異色の展示が見られそうです。
 動画を拝見してますます興味をそそられました。

|

« 来期メゾン・エ・オブジェ デザイナー賞フランクリン・アジ | トップページ | 2021年春夏ミラノウニカ 流行色2020SUMMER掲載 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来期メゾン・エ・オブジェ デザイナー賞フランクリン・アジ | トップページ | 2021年春夏ミラノウニカ 流行色2020SUMMER掲載 »