« 開放感いっぱいのUNIQLO PARK 横浜ベイサイド店 | トップページ | 「フェーズフリー」日常と非日常を区別しない考え方 »

2020年5月 1日 (金)

フランスのエル誌表紙「看護師さんメルシー」に思う

 フランスの女性週刊誌、エル(ELLE)。その3月27日付けの表紙にすっかりハマりました。表紙というとこの雑誌はいつも人物写真ですが、この号はイラストレーションになっています。それがとってもステキなのです!
 Coverbig 描かれているのはコロナ対策で医療に従事されている方々です。「メルシー(Merci ありがとう)」を添えて、医療の最前線で働く「看護師さんやお医者さん---は私たちのヒーロー」のフレーズとともに。
 やわらかなやさしさが感じられるのは、線の縁取りがない面構成で表現されているからかもしれません。ブルーやグリーンの色合いが爽やかで、和みます。
 描いたのは、イラストレーターのソルダッド・ブラヴィ(Soledad Bravi)さん。エル誌ではお馴染みの方です。

 フランスでは外出禁止令が出された直後から、医療従事者が帰宅する20時になると住民がベランダに出て拍手で迎えたそうです。TVで放映されていましたね。ところが日本では医療従事者への差別が起きたのです。配達など「エッセンシャル・ワーカー」と呼ばれる人たちも時に心ない言動に晒されることがあるといいます。私たちが「ステイ・ホーム(STAY HOME)」しているのも、そうした皆様のお陰なのに---。そんなところにも社会の成熟度の違いが表れているようです。
 エル誌のこの表紙を見て、改めてそんなことを思いました。

|

« 開放感いっぱいのUNIQLO PARK 横浜ベイサイド店 | トップページ | 「フェーズフリー」日常と非日常を区別しない考え方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開放感いっぱいのUNIQLO PARK 横浜ベイサイド店 | トップページ | 「フェーズフリー」日常と非日常を区別しない考え方 »