« 20/21年秋冬「アシードンクラウド」 テーマは「モグラグミ」 | トップページ | 20/21年秋冬「マラミュート」 都会の片隅にある“小さな庭 »

2020年4月 3日 (金)

20/21年秋冬「ハトラ」 「Synflux」と「AUBIK」の新作発表

 ファッションデザイナーの長見佳祐さんが手がける「ハトラ(HATRA)」の20/21年秋冬もの展示会が先月半ば過ぎ、東京・恵比寿で開催されました。
Img_73671 今回は、新企画「AUBIK(オービック)」の発表が印象的です。これはファッションブランドの「ハトラ」とファッションラボ「Synflux(シンフラックス)」の協同プロジェクトで、今シーズンのテーマは「スタディ スキン(Study Skins)」です。
 ちなみに「Synflux」は、スペキュラティブ・ファッションデザイナーの川崎和也さんが主宰するファッションデザイン/デザインリサーチコレクティブで、「Any Tokyo 2019」で「アルゴリズミック/キメラ」を披露していたグループです。(このブログ2020.1.11付け参照)
 Img_73481jpg まず目に飛び込んできたのがシックなセーターです。編み地にはカラフルな彩りの鳥のモチーフが編み込まれています。これは鳥の仮剥製から画像を学習し再構成したイメージを再現したジャカードニットで、点描画のようなユニークな表現が特別な一着です。

Img_73551jpg
 またもう一つ、注目したのが、パーカです。
  「ハトラ」といえばパーカは定番のアイテムですが、これはその最新テクノロジーを駆使してつくられた新作です。
 Img_73471 今年1月から3月まで、スイスのバーゼルで開かれていた展覧会「Making FASHION Sense(メイキング ファッション センス)」に出品されて初公開されたもの。
 特筆されるのは、何といっても型紙と柄がコンピュータ アルゴリズムにより生成されていることです。
 そのコメントから、制作は次のように行われたといいます。
 「CADソフトウェアCLO 3Dで制作したハトラの型紙を元に、Synfluxによるアルゴリズムが、直線のみで設計された廃棄ゼロの型紙へと自動的に再構成。さらに数百万枚の動物画像を学習し、架空の鳥のグラフィックパターンを生成して、生地にプリントを施した」と。
 Img_73521 「ハトラ」と「Synflux」の新技術が連携した「AUBIK」、今後の展開を楽しみにしています。

|

« 20/21年秋冬「アシードンクラウド」 テーマは「モグラグミ」 | トップページ | 20/21年秋冬「マラミュート」 都会の片隅にある“小さな庭 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20/21年秋冬「アシードンクラウド」 テーマは「モグラグミ」 | トップページ | 20/21年秋冬「マラミュート」 都会の片隅にある“小さな庭 »