« 21春夏PVパリ ⑷「変異」展 テクノロジーと自然のつながり | トップページ | 21春夏PVパリ⑹ ペールブルーを主調に落ち着いた雰囲気 »

2020年3月 2日 (月)

21春夏PVパリ ⑸ 夏らしいフレッシュなシーズン

 2021年春夏のファッションテキスタイルは、夏らしいフレッシュなイメージに彩られそうです。
 このことを象徴的に表しているのが、プルミエール・ヴィジョン(PV)パリのメインビジュアルです。
1_20200302105301  白い雲が浮かぶ青空の下、太陽光が降り注ぐデッキの上で、一人の若い女性が顔の前に金魚鉢を構えている姿が映し出されています。大きな片目が印象的です。PVトレンド委員のエルザ・メイさんによると、この金魚鉢は透明なポラロイドカメラのメタファーで、2021年春夏はカメラに投影される像が広がるシーズンといいます。
 ここから読み取れるのは、これまでの憂さを払ってリフレッシュする、エコの新バージョンでしょう。空のブルーや水の透明感が爽やかな自然を語りかけ、反射する光の中で活き活きと動く金魚や明るいイエローのTシャツにサステナビリティへ躍動する若いエネルギーの響きを感じます。
 光りあふれるカラフルな季節へ向けて、サステナブルな行動を起こすとき、という思いが伝わってくるようです。

|

« 21春夏PVパリ ⑷「変異」展 テクノロジーと自然のつながり | トップページ | 21春夏PVパリ⑹ ペールブルーを主調に落ち着いた雰囲気 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21春夏PVパリ ⑷「変異」展 テクノロジーと自然のつながり | トップページ | 21春夏PVパリ⑹ ペールブルーを主調に落ち着いた雰囲気 »