« 21春夏PVパリ ⑺  ファブリックの4つのポイント | トップページ | 21春夏PVパリ⑼ 「ファンシー・セレクション」フォーラム »

2020年3月 5日 (木)

21春夏PVパリ⑻「エッセンシャル・セレクション」フォーラム

 プルミエール・ヴィジョン(PV)パリの「エッセンシャル・セレクション」は、カジュアル市場やテーラード市場向けに必須の素材を一堂に集めたファブリックフォーラムです。
Fd2032711jpg
 2021年春夏向けのファブリックが、大きくシティウェア、カジュアルウェア、シャツ生地、シルキー、ニット生地のカテゴリー別に展示されています。
  全般に巧妙に洗練された感覚へシフトし、コンパクトで軽量、植物繊維の微妙な不規則性のある素材が目立つとともに、 環境に配慮したエコ素材が多くなっています。
 Fd2032601
 右は、エコをうたうサマーツィード。
 
 各カテゴリーのキーポイントをほんの一部ですが、ご紹介します。
 
<シティウェア>
Img_65841 ・動きのあるテクスチャー (右の写真は、震えるリップルのような表面感)
・ぼやけたビジュアル
・リネンタッチ
・弾力性のあるコンパクトな質感

<カジュアルウェア>
Img_66771 ・リラックスした丸み (右は、コットンのリップストップ)
・スキルのある色落ち
・リネンライク
・一点の傷のない完璧なもの


<デニム>
Img_67051 ・スーツ・スピリット 
・入り乱れるファンタジー (右は、ファンシーなインディゴ染め)




<シャツ生地>
Img_67311 ・洗練されたリネン/綿 (右は、エレガントなリネン調)
・ソフトなフリュイド
・柄入りボイル




<シルキー>
Img_65521 ・震える表面感
・ ランダムな光沢
・花びらのような柔らかい手触り
・きらめく光り (右は、しなやかなオーガンジー)


<ニット生地>
Img_65311 ・ドライな手触り (右は、ナチュラルなコットン・フリース)
・布帛調レリーフ編地
・シルキーな艶
・イリディセント・シャイン

|

« 21春夏PVパリ ⑺  ファブリックの4つのポイント | トップページ | 21春夏PVパリ⑼ 「ファンシー・セレクション」フォーラム »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21春夏PVパリ ⑺  ファブリックの4つのポイント | トップページ | 21春夏PVパリ⑼ 「ファンシー・セレクション」フォーラム »