« 「いせさきメイセン ―メイセンは二度死ぬ―」展 | トップページ | 20/21年秋冬「アシードンクラウド」 テーマは「モグラグミ」 »

2020年4月 1日 (水)

20/21年秋冬「ディウカ」 テーマは「ドラフト」

 先日、西麻布で行われた「ディウカ(divka)」の20/21年秋冬もの展示会に行ってきました。
 ブランドを手掛けるのは、デザイナーの田中 崇順さん、パタンナーの松本 志行さんです。
  テーマは「ドラフト」、つまり「製図、下絵を描く」という意味。今季はこのテーマのようにドレーピングする、流れるようなドレープのラインが美しいドレスが目を惹きました。
 Img_72971 右は、そんな服を体に合わせて包み込んだラッピングドレスです。
 生地はしなやかな厚みのコットン/シルクのグログラン。シンプルで立体的なシルエットは、古代の彫像でも見ているかのようです。
 また人気のプリントドレスでは、花とストライプを組み合わせた幻想的な手描きグラフィックを提案。柄を活かした鋭角的なカットや、背からハングする布の動きがシルエットを現代感覚に形づくっていました。
 ボリューミーで軽い素材のガウン風コートも、シンプルで巧みな裁断が光っています。
Img_73001jpg Img_72981
 洗練された心地よいエレガンスあふれるコレクションでした。

|

« 「いせさきメイセン ―メイセンは二度死ぬ―」展 | トップページ | 20/21年秋冬「アシードンクラウド」 テーマは「モグラグミ」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「いせさきメイセン ―メイセンは二度死ぬ―」展 | トップページ | 20/21年秋冬「アシードンクラウド」 テーマは「モグラグミ」 »