« 「画家が見たこども展」“さあ、こどもに戻ろう。”内覧会 | トップページ | 『In Situ』オペラ座バレエダンサーの“美”を捉えた写真展 »

2020年3月28日 (土)

未来と芸術展―人は明日どう生きるのか 最先端アート集結

 東京・六本木にある森美術館で開催されていた「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命―人は明日どう生きるのか」に行ってきました。そのときは開館していたのですが、先月末に新型ウイルス拡散防止のために休館となり、そのまま再開することなく会期は終了してしまいました。残念です。Img_70911g
 行って見て、近未来の世界への予行演習をみた思いがしました。テクノロジーの発達で、私たちの生活は今、急速に変化しています。アーティストたちは最先端技術を駆使して、これまで絵空事としか思われなかった社会の姿をリアルに表現していました。
 未来はさらに便利になって、ワクワクするような楽しいものになっていくのか、それとも私たちの手の届かないところにまで進んでしまって、逆に脅威を感じるようになるのか、未来の暮らしを改めて考えさせられたことでした。

 会場に入る前に、特設シアターに案内されました。そこでは何と「AI美空ひばり」の上映が行われていたのです。NHKが人工知能・AIを使って美空ひばりの“神秘の歌声”の再現に挑んだ映像作品で、昨年末の紅白にも登場したものでした。
 新曲「あれから」を歌う美空ひばりに、やはり違和感がありました。ひばりさんを知らない人たちに、このフェイク画像が植え付けられていくことになります。それはいいことなのか、どうなのでしょうか。昔からおなじみで鼻歌など歌っていた者としては、ちょっと気持ち悪かったです。

 展覧会は5つのセクション(章)で構成されていました。展示作品で気になったものをいくつかご紹介していきましょう。

第1章「都市の新たな可能性」
 新陳代謝しながら変わる都市のモデルとして、海上都市など、環境に配慮した都市のアイデアが提案されていました。
Img_70961  上は、高層建築に山水画のイメージを取り入れて設計した「山水都市リサーチ」。中国の建築家グループ「MADアーキテクツ」の作品で、尖ったビル表面の木目のような縞模様が目を惹きます。


Img_71051 空中に浮かぶ都市を単純化した模型で、パリを拠点に活動するXTUアーキテクツの「Xクラウドシティ」という作品。植物の浄化作用を活かしたプロジェクトとか。

第2章「ネオ・メタボリズム建築へ」
 新たな素材の開発や新工法の研究により、既存の「建築」がどのように更新されていくかを考えるコーナーです。

Img_71281  注目は、上の「ムカルナスの変異」というミハエル・ハンスマ イヤーの巨大な建築物です。
 Img_71301jpg 内部にはパイプがいっぱい垂れ下がっています。
 これはイスラムのムカルナス装飾をAIによりパイプで表現したものだそう。
 まるでパイプオルガンの中に入ったような空間でした。
 
Img_72721
 右は、エコ・ロジック・スタジオによる建築の模型です。

 3Dプリンターで作成されたもので、蜂の巣のような繊細な曲線模様が美しい!

 ポイントはユーグレナ(ミドリムシ)という藻のような植物が光合成して酸素を生成すること。

 建築も環境にやさしく機能することを狙った新しいプロジェクトです。


Img_72671

第3章「ライフスタイルとデザインの革新」
 衣食住という、私たちの生活により身近な作品やプロジェクトが並んでいます。
 まず「衣」では、バイオテクノロジー・アーティストのエイミー・カールの作品に目を奪われます。人体の血流など循環器系や神経系といった隠れた経路を表に出し、ファッションデザインとして表現したものだそう。ボディ内部のライトがシルエットを浮かび上がらせています。
Img_71421
 左は靭帯と腱のドレス、真ん中は呼吸器系のドレス、神経系のユニセックスなジャンプスーツです。

 また中里唯馬のオートクチュールコレクションも展示されていました。3Dプリンターやレーザーカッターといったデジタルファブリケーションを駆使し、最新テクノロジーを服飾デザインに融合させています。
Img_71541_20200331175601
 一番右は、2019/20秋冬ものとして発表された作品です。スパイバー社がバイオテクノロジーを使って開発した人工合成タンパク質素材が使われています。
 ファッションデザインの原理も、テクノロジーの進化とともに、このような現代とは異なるものになっていく、エイミー・カールと中里唯馬、二人の作品は、そうしたことを象徴しているようです。
 
 次に「住」では、クラレンベーク & ドロス「ヴェールの女性 III(「菌糸体プロジェクト」シリーズより」)の椅子が興味深い。
Img_71701pg
 椅子の材料は3Dプリンターと、キノコのもとである菌糸を混ぜ込んでつくったものだそう。イスの表面にキノコが吹き出していて、装飾ともなっています。

Img_71851pg
 ペットロボットたちも広場を動き回っていました。ソニーのアイボもいて「お手」をしてくれたり、可愛かったです。
 
 さらに「食」です。
Img_71731   タンパク質源不足に備えて、上はゴキブリを食すという、ギョッとするアイデアです。また組織培養された肉の料理なども提案されていました。
Img_71961  
 右は、電通が中心になってやっているオープン・ミール(OPEN MEALS)の スシ製造機です。
 甘味や辛みなど、食品の味をデータ化して、3Dプリンターで造形化するというもの。
 これによりどこでも同じものが食べられるようになるかもしれないといいます。
 宇宙ステーションの中でもおスシが食べられる時代がくる、そんなデータ化された食の方向を示す作品です。

 
第4章「身体の拡張と倫理」
 大きく「バイオ」と「ロボット」とに分けて問題提起が行われていました。
 まずはバイオテクノロジーの実験をするラボ「バイオ・アトリエ」から。
Img_72251
 上は、話題を集めているヴァン・ゴッホの切り落とした左の耳です。ディムート・シュトレーペによるDNAによって再現するプロジェクト「シュガーベイブ」の作品。ゴッホの家系を辿って、その血縁の人物からDNAを組織培養してつくった耳で、限りなく遺伝子的に近いといいます。

Img_72291
 アギ・ヘインズによる遺伝子デザインされた赤ん坊のモデル「変容」シリーズから、赤ちゃんの身体を改造した事例。ちょっと怖い作品です。 

Img_72461
 遺伝子工学により、何でもつくれるようになる未来を暗示させる作品で、オーストラリアのパトリシア・ピッチニーニの「親族」と名づけられた彫刻です。オランウータンと人間の間にある動物の表現が、リアル過ぎて恐怖を覚えました。
 
Img_72431jpg
 上は、光輝く能衣装でアーティストのスプツニ子!と串野真也による「ANOTHER FARM」というインスタレーション。なぜ光るかというと、遺伝子組み換えされた蚕がつくる、光るシルクが用いられているからだそう。
 
 次にロボットです。「人とロボットとの対話」をテーマにした展示が中心でした。 
Img_72481
 昨年お台場でのコンサートで、このロボットがオーケストラを指揮したそうです。人間の動きをシミュレーションしたら、どこまで人間らしくなるのかを追求したロボットのインスタレーションです。

Img_72531jpg
 上は、ダン・K・チェンの「終末医療ロボット」です。病人の腕をやさしく撫でてくれる「みとりロボット」で、超高齢社会の日本ではなくてはならないものになってきそうです。独りで死んでいく、そういうときにこういうパートナーがあったら慰められそうですね。すぐに登場して欲しいロボットです。
 
第5章「変容する社会と人間」
 テクノロジーが急速に進化する未来は決して明るいものだけではないようです。ここでは豊かさとは何か、人間とは何か、生命とは何かを考察する作品を体験します。
Img_72591jpg
 上は、「ズーム・パビリオン」と題したラファエル・ロサノ=ヘメル&クシュシトフ・ウディチコの体験型インスタレーションです。部屋に入ると自分の姿が写されていて、ギクッとします。監視カメラがあちらこちらに設置されているのです。誰かに行動を見張られている、そのことを否応なしに意識させられます。
 
 最後に、森美術館特別顧問の南條史生氏の言葉で締めくくります。「未来は私たちがつくるもので、我々が判断した結果の未来がもうすぐにやって来る。そのときに後悔しないためによく考えて行動しなければならない。今後大きく問われるのは環境問題とバイオテクノロジーの使い方やモラルの問題。人類が幸せに暮らせるために、どのような社会をカタチづくっていったらいいのか、それを今ここで考えていただきたい」。
 未来と芸術展、未来を示唆する様々な作品を通して、どのような未来を作っていくべきか、考えさせられた展覧会でした。

|

« 「画家が見たこども展」“さあ、こどもに戻ろう。”内覧会 | トップページ | 『In Situ』オペラ座バレエダンサーの“美”を捉えた写真展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「画家が見たこども展」“さあ、こどもに戻ろう。”内覧会 | トップページ | 『In Situ』オペラ座バレエダンサーの“美”を捉えた写真展 »