« FB学会講演 福崎学氏「商社から見えるファッションの未来」 | トップページ | 「画家が見たこども展」“さあ、こどもに戻ろう。”内覧会 »

2020年3月26日 (木)

銀座エルメス サンドラ・シント展「コズミック・ガーデン」

 先月、銀座メゾンエルメスフォーラムで開催されていたサンドラ・シント展「コズミック・ガーデン(宇宙の庭)」に行ってきました。サンドラ・シント(Sandra Cinto)はブラジルのサンパウロ在住のアーティストで、ドローイングにより空想と現実の間に漂う叙情的な風景や物語を紡ぎ出すアーティストといいます。
Img_70151_20200328110901  
  展示場は壁面いっぱいに様々なブルーに覆われていて、まさに「地球は青かった」の気分! 朝のさわやかな明るいブルーから真っ青な空のブルー、夜の闇のナイトブルーまで、移り変わるブルーのグラデーションが広がっていました。

Img_70141jpgImg_70211  ブルーには流れるような白い線描き模様―荒波に散るしぶき、波紋、漂うクラゲ、あるいは崩れた雪の結晶のようなモチーフが描かれていて、謎めいた神秘の世界に誘われます。これは宇宙に存在するかもしれない魔訶不思議なDNAを持つ生命体なのかもしれないなどと、流動する生命の表現のようにも思われ、想像がふくらみます。

 最後の夜の展示室には靴を脱いで入ります。クッションも置かれている、ちょっとした瞑想空間です。瞬く星空を楽しみながら、私も束の間リラックスしました。Img_70131  
 ブルー好きの私、これを見てますますブルーが大好きになりました。
 開催は5月10日までですが、ご多分にもれず、ここも新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、お休み中です。感染症封じ込めの方が大事ですので、残念ですが仕方ありません。

|

« FB学会講演 福崎学氏「商社から見えるファッションの未来」 | トップページ | 「画家が見たこども展」“さあ、こどもに戻ろう。”内覧会 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FB学会講演 福崎学氏「商社から見えるファッションの未来」 | トップページ | 「画家が見たこども展」“さあ、こどもに戻ろう。”内覧会 »