« 21春夏PVパリ⑾ 米綿のサステナビリティとイノベーション | トップページ | 21春夏PVパリ ⒀ 「アパージーンズウェア」エリア »

2020年3月 9日 (月)

21春夏PVパリ⑿ 「ヤーンとニットウェア」フォーラム

 プルミエール・ヴィジョン(PV)パリの「ヤーンとニットウェア」フォーラムには、出展各社選りすぐりのニット用ヤーンや横編みニットウェアが展示されています。  Sk43790copie1  上は、そのインデックスコーナーの写真です。
 
 フォーラム内部では、2021年春夏向け横編みニットウェアのトレンドが下記3つ紹介されていました。いずれも“動き” が最重要です。

動きのシンプルさ Simplicity in motion
Img_60611  見た目簡素と美的アプローチの組み合わせ。
Img_60511  多目的に使える新しいミニマルのアイデアでありエコにつながるコンセプト。
  洗練されたダブルフェイスや小柄のジャカード、マイクロレリーフ、リブ、目立たない透かし模様など。

動きのあるスキル  Skills in motion
 Img_60491  機能性と魅惑的な側面を結びつける野心的なアプローチ。
  Img_60631 職人の本格的ノウハウと技術革新の融合により変容するニット。
 またリサイクルやアップサイクリング、手編みの精神、植物の世界をイメージさせるニットも。

動いている表面 Surface in motion
Img_60591_20200305133901   視覚的および触覚的なニットで、均一性とは対峙するもの。
  Img_60551 流動感や、動きのある表面を演出するテクスチャー、波立つレリーフ、きらめく光の反射、装飾的なステッチ、スペースダイ(絣染め)による色彩効果など。

|

« 21春夏PVパリ⑾ 米綿のサステナビリティとイノベーション | トップページ | 21春夏PVパリ ⒀ 「アパージーンズウェア」エリア »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21春夏PVパリ⑾ 米綿のサステナビリティとイノベーション | トップページ | 21春夏PVパリ ⒀ 「アパージーンズウェア」エリア »