« ミラノウニカ⑸ イノベーション&スタートアップエリア | トップページ | ミラノウニカ⑺ 日本パビリオン新規出展社・団体に手応え »

2020年2月16日 (日)

ミラノウニカ⑹ トレンドエリア「カルチャー トライブ5.0」

   今回ミラノウニカ(MU)の2021春夏トレンドエリアのタイトルは、「Gen Z ジェン フューチャー:カルチャー トライブ5.0」となっています。まるで暗号のような言葉使いですね。
 Gen Zとは「ジェネレーション Z 」の略号で、1997年以降に生まれた世代から現在のティーンエイジャーまでを含めたデジタル ネイティブやポスト ミレニアル世代を指し、「ジェン フューチャー」とは未来の世代を意味する言葉といいます。生まれたときからインターネットを使い、認知能力や言語能力もテクノロジー5.0(超スマート社会における未来のテクノロジー)を介して発達させてきた最初の世代であり、環境問題にもっとも敏感で、しかも常につながり合っているともいわれています。精神分析学者のマッシモ・アンマーティ氏もこの世代を次のように分析しています。「自分が所属するトライブ(種族)の他のメンバーたちとの相互作用の中で生活し、自分を形作っていく」と。
 2021年春夏トレンドはこのGen Zに着想。MUアートディレクターのステファノ・ファッダ氏はGen Zを「未来のテクノロジー5.0を洗練された形でファッションに投影すると同時に、行動レベルでは生まれたときから持っているトライブ性に従っている世代」とまとめています。テーマとしては下記3つ、創造性と文化の融合という発想を基に、未来と過去をつなぎ、テクノロジー5.0と世界の様々なトライブの美意識や独自性を結び合わせ、今日の若者の美意識とトライブの古代的感性とを関連づけたテーマを提案しています。
 
トロピカル レイヴ イン メキシコ シティ TROPICAL RAVE IN MEXICO CITY
0001_0001022_area_trend_tropical_rave_vu  メキシコの風俗とレイヴパーティのトロピカルなテクノミュージックの融合。自然が主役で、プリントやカラーで表現されるテーマ。

インディアン チル アウト イン ロサンゼルス INDIAN CHILL OUT IN L.A.
2_20200221151001  マハラジャの記憶とネイティブアメリカン、サーフィンのもつ解放的なエネルギーのミックス。ヴィ―ガンの洗練された色使いも特徴。
 
ブリティッシュ クラビング イン パプア BRITISH CLUBBING IN PAPUA
1_20200221151001  英国のクラブの伝統とパプアの焼畑の民によるクラフト技術の対比。生成りの天然繊維とハイテク素材のハイブリッド。

|

« ミラノウニカ⑸ イノベーション&スタートアップエリア | トップページ | ミラノウニカ⑺ 日本パビリオン新規出展社・団体に手応え »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミラノウニカ⑸ イノベーション&スタートアップエリア | トップページ | ミラノウニカ⑺ 日本パビリオン新規出展社・団体に手応え »