« ミラノウニカ⑴ 持続可能性とトレンドを統合し変革へ挑戦 | トップページ | ミラノウニカ⑶ 30周年記念カクテルパーティ »

2020年2月12日 (水)

ミラノウニカ⑵ 来期会長にバルベリス・カノニコ氏を発表

 ミラノウニカ(MU)オープニングセレモニーで、スピーチの最後に、ボット・ポアーラ会長はご自身の任期が今期で終了することを告げられ、ヴィターレ・バルベリス・カノニコ(VITALE BARBERIS CANONICO)社社長でイデア・ビエッラ(Idea Biella)会長のアレッサンドロ・バルベリス・カノニコ(Alessandro Barberis Canonico)氏に会長職をバトンタッチすることを発表しました。011_cerimonia_mu30_high_ph_erdna1
 2005年から今日まで、パオロ・ゼーニャからピエール・ルイジ・ロロピアーナ、シルヴィオ・アルビーニ、エルコレ・ボット・ポアーラまでの4代にわたる会長の足跡やその役割と達成された目標を示すビデオ上映が行われたことも、印象に残る出来事でした。
 中でもボット・ポアーラ会長は、サステナブルな創造性とイノベーションに手腕を発揮。新しい市場に対応すべく、9月開催を7月に早めた先見性も高く評価され、惜しまれながらの退任劇となりました。
 
 来期会長のアレッサンドロ・バルベリス・カノニコ氏は、350年を超える長い歴史を持つ老舗毛織物メーカーの若社長です。次の打つ手は何なのか、期待されます。

|

« ミラノウニカ⑴ 持続可能性とトレンドを統合し変革へ挑戦 | トップページ | ミラノウニカ⑶ 30周年記念カクテルパーティ »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミラノウニカ⑴ 持続可能性とトレンドを統合し変革へ挑戦 | トップページ | ミラノウニカ⑶ 30周年記念カクテルパーティ »