« わたしとコートと□展~買い手目線のバリアフリー考える | トップページ | ロンドン デザインミュージアム 「火星移住」展 »

2020年2月 7日 (金)

この春一番ロンドンのファッション 花やフリルにあふれて

 月初、素材展取材のため欧州出張の旅に出発しました。最初に着いたのがロンドンです。さっそくこの春一番の店頭をウインドーショッピングしました。新型肺炎といった暗いニュースが流れる中、ウィンドーには明るい春の雰囲気がいっぱいです。
 ファッションが女らしくなっているからでしょう。何といっても目に付いたのが花のモチーフです。ディテールではフリル。彩りは予想通り、赤やピンク、それに白が目立っています。
 
Img_34991jpg  上はドーバーストリート・ロンドンのインスタレーションです。コム・デ・ギャルソンの「オーランドー」のコレクションが、衣装部屋のような囲いの中にディスプレーされていて、まるでオペラの楽屋に入ったような気分になりました。

Img_35051  花はプリントを中心にジャカードや刺繍など、ロココ調からリバティスタイル、植物図鑑風、水彩風、グラフィックな抽象柄、バティック風などほんとうに様々なものが出ています。
 上のようなバラの花のモチーフをあしらったジャケットもロマンティックです。
 
Img_35091

Img_34471jpg

 軽やかに透けるような素材のフリル、今シーズンはあちらこちらでたくさん見られます。
 
 またもう一つ、揺れるフリンジも目立つディテールです。
 Img_48751 右のようにドレスのボトムに、またストールや皮革バッグに、テキスタイルでもカットヤーンのかなり長いものが多くなっています。

|

« わたしとコートと□展~買い手目線のバリアフリー考える | トップページ | ロンドン デザインミュージアム 「火星移住」展 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わたしとコートと□展~買い手目線のバリアフリー考える | トップページ | ロンドン デザインミュージアム 「火星移住」展 »