« ミラノウニカ⑷ 「サステナビリティに向けた第三の楽園」展 | トップページ | ミラノウニカ⑹ トレンドエリア「カルチャー トライブ5.0」 »

2020年2月15日 (土)

ミラノウニカ⑸ イノベーション&スタートアップエリア

 今回のミラノウニカ(MU)では、新しいエリアが二つ、隣接して設けられていました。
 一つが「イノベーション・エリア」です。システマ・モーダ イタリアのハイテク及び機能性テキスタイルのためのセクションで、TexClubTecとのコラボレーションにより誕生したといいます。
Img_39091  各生産工程を代表する企業にImg_39001 よる革新的素材が集結し、高機能を謳っていました。

  サステナブルな素材として、右のような撥水加工の、表面が綿100%で裏面がポリエステルのボンディング素材なども出ていました。

 もう一つが「スタートアップ・テキスタイル・コネクション」です。
030_startup_innovation_area_mu30_high_ph  このエリアはイタリアテキスタイル財団とスタートアップブートキャンプ(Startupbootcamp Fashion Tech)とのコラボレーションによって実現したものとか。スタートアップブートキャンプ テックは個々の産業分野でスタートアップの加速を図る、世界有数のネットワークといいます。
 世界1,200社から選出された11のスタートアップ企業が、よりサステナブルなビジネスモデルやデジタル・ソリューション、製品やトレーサビリティ・ツール/システムなど、ファッション業界全体に向けて独自のソリューションを提示し、連日数回のセミナーが開かれていました。
 ここには日本のECスタートアップ「アオイシップ」も出展していたそうで、2月6日付け繊研新聞に記事が掲載されています。
 
 日本企業もこうしたイノベーションにアプローチして、世界市場における競争力を一層高めていく必要がありそうです。

|

« ミラノウニカ⑷ 「サステナビリティに向けた第三の楽園」展 | トップページ | ミラノウニカ⑹ トレンドエリア「カルチャー トライブ5.0」 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミラノウニカ⑷ 「サステナビリティに向けた第三の楽園」展 | トップページ | ミラノウニカ⑹ トレンドエリア「カルチャー トライブ5.0」 »