« パリのボン・マルシェで「雨のち花」のインスタレーション | トップページ | 「アライアとバレンシアガ」展 響き合うフォルムの彫刻家 »

2020年2月24日 (月)

パリの「メルシー」 “ミリタリーキャンプ”をイメージして

 パリで毎シーズン訪れるショップが、北マレにあるライフスタイル型セレクトショップの「メルシー merci」です。というのもこのショップのアトリウムこそ、新しいトレンドの情報源と思っているからです。
 いつも時代の感性を捉えたストーリー性のあるテーマで、商品がディスプレーされていて、そのキュレーションには私も一目置いています。

 今月は「Baroudeurs(バルデュール)」、「冒険家」といった意味合いの言葉がテーマになっていました。
Img_51851  アトリウムの真ん中にはキャンピングカーが置かれていて、ちょっとハードな“ミリタリーキャンプ” をイメージした構成です。アウトドアコートやジャンプスーツ、ヴィンテージウェア、クライミングのワードローブ、快適なTシャツ、また靴やブーツ、柄物のソックス、カモフラージュキャップ、水のボトル、ハイキング用のキットなども揃えられていました。
Img_51841
 昨年9月に来たときは「リサイクル」がテーマでしたが---。あれからファッションはよりカジュアルになって、軽く明るい感覚が主役です。戦争を経験していない世代にとっては、実用の面でもまたスタイルの面でも、そうした新しい感覚の冒険的なアウターが新鮮に受け止められているのでしょう。
 この冒険はさらに洗練されて続いていく、とみられています。

|

« パリのボン・マルシェで「雨のち花」のインスタレーション | トップページ | 「アライアとバレンシアガ」展 響き合うフォルムの彫刻家 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パリのボン・マルシェで「雨のち花」のインスタレーション | トップページ | 「アライアとバレンシアガ」展 響き合うフォルムの彫刻家 »