« 21春夏PVパリ ⑶ 「スマートクリエーション」よりスマートに | トップページ | 21春夏PVパリ ⑸ 夏らしいフレッシュなシーズン »

2020年3月 1日 (日)

21春夏PVパリ ⑷「変異」展 テクノロジーと自然のつながり

 プルミエール・ヴィジョン(PV)パリの「スマートクリエーション」エリアでは、「 Mutations (変異)」展が開催されていました。ル・クー・ダヴァンス(Le Coup d’ Avance)との協働で実現したという、バイオミメティクス(生物模倣技術)をテーマにした企画展で、テクノロジーと自然のつながりを探ります。
Img_61261jpg  
 展示の軸は、新素材モニタリングセンター、マテリオ(MateriO’)とのコラボによる革新的でユニークな素材です。約30点が紹介されていました。
232pvfev20taneka1_20200229195701  バイオレザーや人間の皮膚に似たポリマー・ジェルなど。
Img_61611jpg
 また右のようなアンデスのトトラ(totora)という草を使った素材も。半ば硬くて、半ばしなやかといった感じでした。
 
Img_61541  上は「エアー・ウッド」という、空気入れでエアーを吹き込むと膨らむ素材です。

Img_61641  アーティストデュオのScenocosme(セノコスム)による「Metamorphy(メタモーフィー)」という作品は、半透明のベールのような素材を手で押すと、次第に摩訶不思議な映像が現れてきて、まさに驚き!
Acc03581  
 生きているものとテクノロジー、その関わりに着想した様々なハイブリッド---。それらを鑑賞するだけではなく、インタラクティブに体験した、大変興味深い展覧会でした。

|

« 21春夏PVパリ ⑶ 「スマートクリエーション」よりスマートに | トップページ | 21春夏PVパリ ⑸ 夏らしいフレッシュなシーズン »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21春夏PVパリ ⑶ 「スマートクリエーション」よりスマートに | トップページ | 21春夏PVパリ ⑸ 夏らしいフレッシュなシーズン »