« 音を着る! 布スピーカーで未来の音楽体験を | トップページ | わたしとコートと□展~買い手目線のバリアフリー考える »

2020年2月 5日 (水)

播州織総合素材展2020 「先染め新時代へ」

 「播州織総合素材展2020」(兵庫県西脇市 北播磨地場産業開発機構主催)が先月末、「先染め新時代へ」と題して東京・秋葉原のアキバスクエアで開催されました。出展したのは西脇産地の17社と1団体です。
 この産地は元来、サステナビリティに関しては意識の高い産地です。自然を守る、エコは当たり前にやってきたとはいうものの、時流もあり、さらなる努力への取り組みが見られました。自然素材のコットンを中心にリネン、麻、ウール、キュプラなどの生分解性素材から、リサイクルや残糸の利用、環境に配慮した染色、CO2削減まで、産地が一丸となって播州織の強みを訴求するコレクションが展開されていました。

Img_31651jpg  会場では、「極限」をテーマにした播州織新商品試作コーナーも設けられていました。上の写真がそれで、カットジャカードなどの新作や斬新な表面変化のあるものが目立っていました。
 
Img_31401  ファッションショーも行われました。

 ショーを発表したのは、日本アパレル・ファッション産業協会所属の3ブランドです。
 大原由梨佳とスティーブン ホールによるインプロセス(IN-PROCESS)、竹内淳子によるDsofa、井上里英香によるRIEKA INOUEが、播州織を駆使した作品を披露しました。

 右は、インプロセスです。

Img_31601  
 各社ブースから注目素材をご紹介します。

◇島田製織
 環境に配慮した新しいベーシック、軽やかな風合いで、中でも一押しが下記です。
Img_31331jpg Img_31341
 左は「200番双糸」。200番という超極細綿糸の双糸で繊細な美しさの極致を表現した先染め織物です。
 右は「グリッターカットジャーカード」。軽やかでフレッシュなカットジャカードです。生分解性ラメ糸が使用されていて、微妙なニュアンスの光沢感があります。

◇東播染工
Img_31971  原料の綿花自体に色がついている色付き綿花のカラードコットンを使用した先染め織物を提案。染色加工を施さないことで、環境配慮をアピールしています。

◇桑村繊維

Img_31901jpg

 「Renatus~再生~」をテーマに、サステナビリティを発信。織物の価値を再発見し、未来への再生を訴求しています。

◇カゲヤマ
Img_31791  様々なトレンド感のある播州織を提案。
 中でも、右のような「ヤク」混の綿リッチな先染めが好評です。「ヤク」はヒマラヤ等の高地に生息するウシ科の動物の毛で、保温性に優れていて柔らかい素材です。

◇大城戸織布
 手織り風クラフト感覚のジャカードが存在感を発揮しています。

Img_31191 Img_31211

 一般に流通していない糸使いや変化を加えた染め、昔懐かしい風合いを実現させた織物で、その唯一無二のクリエイティビティに注目です。

◇西脇小西
Img_31851  多種多様な播州織を生産されています。
 今シーズンは、とくに右のようなやや厚地の英国調チェックを大きく打ち出しています。
 

◇丸萬
  前面に打ち出しているのが「POLS」ブランドです。
Img_31711  テキスタイルデザイナーの梶原加奈子氏とのコラボレーションにより創られるグラフィカルなジャカード織物で、播州織の概念を覆します。

◇丸和商事
 インドのオーガニックコットン使いの先染めコレクションを軸に展開しています。

Img_32041jpg
◇播

 得意のインディゴ「へそデニム」を中心に機能性のある綿織物など、幅広い提案で知られるメーカーです。

Img_31811
 今回は、2019年度グッドデザイン賞受賞のストールを特別展示していました。水彩の様な透明感とタテとヨコのグラデーションが重なる玉虫色の発色が特徴で、播州織の「薄手の綿織物」と「チェック柄の技法」の究極を追求したといいます。
 ブランドは「ファボリ(fabori)」で、お値段は7, 000円だそう。ネット販売されています。

◇服部テキスタイル
 ホテル向けリネンのサプライヤーです。

Img_32071

 「ギガクラブ」というエジプト超長繊維綿100%の高品質テキスタイルなどを使用したベッドリネンなどを訴求。クリーニングするとより風合いの良さが増すという最上級コットンならではの風合いが魅力です。

|

« 音を着る! 布スピーカーで未来の音楽体験を | トップページ | わたしとコートと□展~買い手目線のバリアフリー考える »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音を着る! 布スピーカーで未来の音楽体験を | トップページ | わたしとコートと□展~買い手目線のバリアフリー考える »