« 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展 | トップページ | スプツニ子!さん 女性が活躍する未来の在り方を語る »

2020年1月20日 (月)

新年の賀詞交歓会に出席して

 2020年がスタートし、恒例の各業界団体の賀詞交歓会が華やかにとり行われました。
 中でも盛大だったのが、日本アパレル・ファッション産業協会が15日に東京・ホテルニューオータニで開いた新年会です。最近は女性の参加も少し増えているようですが、今年もその圧倒的多数は黒っぽいスーツ姿の男性たちでした。女性服を扱うアパレルメーカーが多数であるはずなのに、何故なの?と首をかしげさせられます。
 挨拶に立った北畑稔理事長は、「今年3月に東京クリエイティブサロンを開催し、東京ファッションを発信していく。また昨年6月に制定したCSR憲章の下、持続可能な社会の実現に向けて脱プラスティックへの取り組みを進めるとともに、女性活躍の場を広げていく」とお考えを述べられました。
Img_29401 来賓の小池百合子東京都知事(写真右)も、「東京クリエイティブサロンへの支援や、環境問題で都としてCSR投資に力を入れていく」と語り、社会事業家でもあった渋沢栄一にも触れていたのが印象的でした。
 また赤松憲日本百貨店協会会長も「ファストファッションの雄、ザラがリセールを手掛ける」などと話され、中古販売を立ち上げたH&Mに続いて、あのザラも、とビックリしました。
 今年はいつになくサステナビリティが強調された賀詞交歓会でした。

 西印度諸島海島綿協会の賀詞交歓会は、新体制となって初めての新年会とあって、会場を東郷記念館という奥ゆかしい場所に移しての開催です。
 昨年9月に新理事長に就任された八木原保氏の挨拶の後、ジャマイカのアリコック大使が、「今年はビジネスが再開されるすばらしい一年になることを期待している」と祝辞を述べられました。Img_29511
 次いで三宅正彦TSIホールディングス会長が、「サステナビリティの流れから、天然のものが復活し、海島綿が戻ってくる」と激励され、一同大いに勇気づけられたことと思います。
 なおアリコック大使ですが、今年3月に6年半過ごした日本を去ることになられたそうです。少し寂しくなりますが、次に期待しましょう。
 
Img_29601  「繊維の宝石」と呼ばれる海島綿製品の展示も行われ、各社選りすぐりの商品の数々に目を細めたことでした。

|

« 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展 | トップページ | スプツニ子!さん 女性が活躍する未来の在り方を語る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展 | トップページ | スプツニ子!さん 女性が活躍する未来の在り方を語る »