« JFW JC2020/ PTJ20AW ⑷ 環境配慮に拘りのデニム | トップページ | 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展 »

2020年1月18日 (土)

ジャパン ベストニット セレクション2019 国産ニット一堂に

 「ジャパン ベストニット セレクション(略してJBKS)2019」が、12月4日~5日、東京国際フォーラムで開催されました。
 第12回目となる今回は国産ニット関連メーカー、60社が一堂に会して出展、その内訳はニット42社、カットソー4社、生地・素材・靴下・小物12社、協賛2社。来場者は市場の停滞もあって昨年に比べ減少し2,686人と発表されています。
 各社提案ではSDGsへの意識の拡がりが注目されます。天然素材やリサイクル原料の使用、環境負荷の低い染色仕上げ法の採用、省資源に貢献する無縫製ニット“ホールガーメント”訴求など、といった動きが目立っていました。

 最終日の午後、恒例の2019アワード表彰式も行われました。グランプリと経済産業省経済産業大臣賞にバーンズファクトリー、準グランプリに奥山メリヤスと昨年グランプリのサトウ エススクエアがそれぞれ受賞、また特別に設けられた奨励賞に今間メリヤスが選ばれました。
Img_19311
 
◇バーンズファクトリー
Img_17741  東京都・板橋区で2010年に創業。自社工場で丸編みを行い、糸という原料から縫製までコントロールし受注生産体制を確立しているニット企業です。
 アワード受賞は今回で3回目とのことで、松浦永社長は「大変励みになります。これからもみんなで力を合わせていい未来を築きたい」と挨拶されました。
 右は、シルエットの美しいカシミアニットのコートです。
 しなやかな軽い着心地が魅力です。
 縫製は“TPS”縫製という、特殊千鳥ミシンにより生地を突き合わせて縫製する、縫い代の無い製法になっていることも特徴です。縫い目が平坦で、生地に厚みが出ません。縫い代のアタリがないので、着心地良く着用できるのです。

Img_19321

          (上の写真は裏側から見た縫い目) 

◇丸正ニットファクトリー
 新潟県見附市で天保3年創業の老舗で、プルミエールヴィジョン・パリにも出展し、ホールガーメントを積極的に設備してブランド開発につなげるなど、新しいことにチャレンジしているニット企業です。

Img_17781jpg

 今回の一押しは、経編と横編みをハイブリッドした製品(上写真)です。デザインの幅が広がり、目新しく映りました。

◇東亜ニット

Img_17931
Img_17961  大阪府松原市で丸編み生地の企画・製造販売を手掛ける企業です。
 
 両面選針機を活用した3Dニット技術で、斬新な編地を多数提案しています。

◇トシテックス
  桐生産地の小巾ラッセル編メーカーです。
Img_17881jpg  今回は“きものストール”を提案。これはきもの地をテープ状にスリットして編み込んだストールで、服飾素材の付属としても使えるといいます。
 アップサイクルへの取り組みの一つとして、期待されます。

◇島精機
 本展示会に協賛出展している、日本を代表するニット編み機のトップメーカーです。

Img_17801

 Img_17811jpg 今回は、スプリング式可動型シンカーを搭載した4枚ベッド機構のホールガーメント横編機のMach2XS 103を紹介していました。
 100cm幅で女性用ドレスが編めることや、8色使いが可能になったこと、今まで手編みが必要だったカフス部分も、その必要がなくなったことなど、新型機を実動しアピールしていたのが印象的です。

|

« JFW JC2020/ PTJ20AW ⑷ 環境配慮に拘りのデニム | トップページ | 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JFW JC2020/ PTJ20AW ⑷ 環境配慮に拘りのデニム | トップページ | 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」展 »