« 新1万円札の顔 渋沢栄一を紐解く 東の渋沢と西の五代 | トップページ | 日本文化を世界へ インテリアショップAREAパリオープン »

2019年12月29日 (日)

渋谷の街が変わった! 若者も大人も楽しめるSC開業

 今年末、街の風景が大きく変わったといえば渋谷でしょう。11月1日に「渋谷スクランブルスクエア」、11月22日に「渋谷パルコ」、12月5日に「東急プラザ渋谷」の3つの大型SCがオープンしました。ファッションではラグジュアリーブランドやデザイナーブランドが増え、アートを採り入れた施設や感度の高いライフスタイルショップが拡充されています。これまで「若者の街」というイメージで発展してきた渋谷が、これら新商業施設の開業で、「若者も大人も、また外国人も楽しめる街」へ変貌し始めているのです。

「渋谷スクランブルスクエア第一期(東棟)」
 10月末に行われた内覧会に参加しました。ここは渋谷エリアで最も高い47階建てビルの地下2階から14階を占める商業施設です。東急東横百貨店の跡地に建っていますから渋谷駅に直結・直上していて、交通至便なことは言うまでもありません。 
Img_03711jpg  まずは230mの展望施設「渋谷スカイ」を訪れようと、エレベーターに乗り込みました。Img_03701jpg 天井から光から降り注ぐ演出に驚いているうちに、あっという間に屋上へ到着。広々とした心地よいスクエア(広場)から、東京を一望しました。
 ここはまさに渋谷のランドマークタワー、渋谷の新名所になりそうです。

 12階と13階はレストランフロアで、美味しいメニューを堪能できます。日本初のスペイン料理のお店「ホセ・ルイス」も出ています。
 10階と11階はライフスタイル・グッズ・フロアで、11階に中川政七商店がツタヤブックストアと軒を並べています。

Img_04141jpg 日本全国つづ浦々からの工芸技術を活かした生活雑貨が人気の店です。

 7階から9階はファッションフロアで、セレクトショップなどが出店しています。
 またビューティが6階にあるというのも新しい構成です。

 注目のラグジュアリーブランドは、駅の改札階でもある3階に入っています。
Img_04301  上はブランドのシグネチャーカラー、白黒のインテリアでまとめたジバンシーです。この他、バレンシアガ、サンローラン、ディオール、サカイ、ブルガリ、ティファニーなど。洗練されたモード感あふれるフロアです。
 
「渋谷パルコ」
 ここはファッションとアート、エンターテインメントが見事に融合しているSC。

Img_25461jpg

 渋谷駅から600m離れていても、行ってみようと思わせられてしまいますから不思議です。

Img_24581_20191230102001

 1階の入口付近に陣取っているのはグッチで、奥にはロエベやディオール×リモアなどもあります。以前はなかったラグジュアリーブランドを導入して、富裕層を狙っているようです。 

Img_24601 コム・デ・ギャルソン・ガールは、赤やピンクを訴求。ポップな水玉模様をあしらうなど、ガーリーなファッションを提案しています。

 2階は今をときめくデザイナーブランドが勢揃いしています。
Img_25271_20191230102001
 中でも人気なのが2 G(ツージー)。ギャラリーとセレクトショップとアートトイショップが一体化したスタジオです。入口のデザインからしてアートムードたっぷり。

 6階は、任天堂が入っていて、ポケモンセンターもあって大人気!Img_25341 ここはもう人でごった返していました。インバウンドも多いようです。
 
Img_25251  右は、地下の飲食店街「キッチンカオス」にあるシンボルデザインです。デザイン設計は藤本壮介さんで、派手なネオンサインがカオスのような路地裏を表現しているようです。
 何とジビエと昆虫食を出す「米とサーカス」も出店していてビックリ!
 驚きに満ちた新生パルコです。
 2020年3月にはパルコ劇場がオープンする予定で、これに先駆けてこけら落とし公演が1月末に行われるそう。
 話題の多いパルコに、ますます目が離せません。

「東急プラザ渋谷」
 かつての東急プラザが、「大人を楽しめる渋谷へ」をコンセプトに、ライフスタイルを提案する商業施設に生まれ変わっています。
Img_25121jpg
 ターゲットは40代以上、年齢を重ねるに連れて足が遠のいていた層に向けて渋谷の面白さや楽しさをアピールしていくそうです。
 それを象徴するのが、5階の「シブヤライフラウンジ」。イオンのお直し・リメイク・オーダーのサロン「アトリエ・クチュリエール」があったり、資産運用や投資、保険などの様々な大人の悩みに対応するサービスカウンターがあったり。大人世代の要望に応えての展開。この中心にロボットのペッパーが働く「ペッパーパーラー」があるのもおもしろいです。
 
 こんな風に渋谷の新SCを見てきた私、一見似ているようですが、やはりそれぞれの特徴を活かした業態になっていると思いました。「渋谷スクランブルスクエア」はエレガントな高級感、「渋谷パルコ」はビジネス×アート、「東急プラザ渋谷」は大人のライフスタイルを打ち出しているというように。

 さて来年は6月にあの宮下公園に、巨大な商業施設がオープンするとのことになっています。またしても生まれ変わる渋谷、街歩きがますます楽しくなりそうです。

|

« 新1万円札の顔 渋沢栄一を紐解く 東の渋沢と西の五代 | トップページ | 日本文化を世界へ インテリアショップAREAパリオープン »

ファッションビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新1万円札の顔 渋沢栄一を紐解く 東の渋沢と西の五代 | トップページ | 日本文化を世界へ インテリアショップAREAパリオープン »