« 2020春夏PRO1.TRADE SHOW「今」結ぶブランド集結 | トップページ | 2020春夏ファッションデザイナー合同展「タイムスケープ」 »

2019年12月23日 (月)

2020春夏プラグイン ユニセックスやアップサイクルに注目

 2020年春夏ファッションとライフスタイルの合同展「プラグイン(PLUG IN)」(繊研新聞社主催)が、この10月23日~25日、渋谷ヒカリエで開催されました。
 出展したのは115社144ブランドで、来場者は中日に大雨が降ったにも関わらず、前年同期に比べ少し増加し、3,197人と発表されています。なかなか盛況だった様子です。
 ウェア関係は全体の2割程度で、バッグやアクセサリー、シューズが多い中、私はウェアを中心に見て回りました。目にとまったのが、次の新しいユニセックスカジュアルウェアやアップサイクルを旨とするブランドでした。

フェリチタ (Fericita ! )
 ブランドを手掛けるのはアプローズジャパン、ポジティブな気持ちになれるウェアをデザインするユニセックスブランドです。デニムや、日本のニット産地・新潟でつくられるニット、カットソーでコーディネイトの楽しさを感じて欲しいといいます。
 今回、来場者が印象に残ったブランドを選出するアワードで、2位に選ばれました。
Img_03321  「いつもと違う自分へ、日々のルーティンを変えてみよう、“Change routine”」をキャッチフレーズに、彩りの美しいニットやカットソーが評価された模様です。
 
アソビナ(ASOVINA ) × 飯田繊工
 “アートを身近に!”をコンセプトに新進気鋭のクリエーターが生み出す作品をウェアやグッズにして発信しているブランドです。
Img_03281  注目は、右の“iTTo Yarn”です。これは「Tシャツからつくる糸」で、環境や廃棄の視点から、少しでもこれらの問題を解決したいとの思いから生まれたブランドだそう。廃棄されたTシャツや生地、残反などを回収し、手芸糸にアップサイクルされているのです。鮮やかな色に染め上がっていて、毛羽だっていないのもいいですね。

|

« 2020春夏PRO1.TRADE SHOW「今」結ぶブランド集結 | トップページ | 2020春夏ファッションデザイナー合同展「タイムスケープ」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020春夏PRO1.TRADE SHOW「今」結ぶブランド集結 | トップページ | 2020春夏ファッションデザイナー合同展「タイムスケープ」 »