« 2020春夏RFWT「ユキ トリヰ」“マーガレット”をテーマに | トップページ | 2020春夏RFWT「ウィシャラウィッシュ」タイの伝統を発信 »

2019年11月17日 (日)

2020春夏RFWT「グローバルファッションコレクティブ」

 Vancouver Fashion Week(VFW)が立ち上げた「グローバルファッションコレクティブ(Global Fashion Collective)」が今回のRFWTに参加し、バンクーバーをはじめ、ニューヨーク、ノルウェー、タイ、日本で活躍する6つの有望ブランドが2020年春夏コレクションを披露しました。
  ここではその内二つの個性的なブランドをご紹介します。
 
Img_99771  一つは「Morph8ne(モルヒネ)」です。
 
 デザインを手掛けるのはタイのMorphine(モルヒネ)です。
 
テーマは「Cross My Heart」で、ゴスロリに英国調タータンをプラス、パンキッシュなファッションを提案しました。

Img_99711  Img_99931jpg
 もう一つはバンクーバーを拠点とする「Haus Zuk(ハウス ズック)」です。
 ブランドを手掛けるのはデザイナーのPeter Zuk(ピーター ズック)で、「OVERDOSE (過剰摂取)」をテーマに、LGBTに向けた驚きのコレクションを展開しました。
Img_99961 Img_00021  
Img_00091  フィナーレではデザイナー自ら「オカマ」と書いたTシャツを着て登場。
 ファッションですもの、こういうのもありですね。

|

« 2020春夏RFWT「ユキ トリヰ」“マーガレット”をテーマに | トップページ | 2020春夏RFWT「ウィシャラウィッシュ」タイの伝統を発信 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020春夏RFWT「ユキ トリヰ」“マーガレット”をテーマに | トップページ | 2020春夏RFWT「ウィシャラウィッシュ」タイの伝統を発信 »