« PVパリ ⑿ スタッフの新ユニフォームは 綿100%ツイル | トップページ | PVパリ ⒁ 「ファンシー・セレクション」 一見シンプル »

2019年10月10日 (木)

PVパリ⒀ 「エッセンシャル・セレクション」緻密・構築性

 シーズンの“エッセンシャル(欠くことのできない素材)”を展示する、プルミエール・ヴィジョン(PV)パリの「エッセンシャル・セレクション」フォーラムの様子をお伝えします。(このブログ2019.10.3付けも参照)
 今シーズン、“エッセンシャル”は、より密度が高く、より構築的な方向へ動いています。それはしなやかな感触であっても、テーラードな仕立てに適した風合いであるということです。また環境への懸念のないものを求める志向も強まっています。

スーツやジャケット
 シックが復活し、構築的で硬くない生地を主体に、バランスの取れた質感、コントロールされた光沢感。
◇アップデートされた光沢
◇洗練された繊細な感覚
◇ラフなウール-ドライ&モダンタッチ
◇超シック綾織

カジュアルコットンやデニム
Pvparisfabricssept19stephanekossmann9176  カジュアルウェアにボリュームをつけるビロードのようなきちんとした緻密さとしなやかさ。
◇しなやかな肉感
◇ベルベット調
◇インディゴ・ジャカード

コート
 手触りがよく、ボディに快適な丸みを帯びたシェルターのような生地。
◇心地よい厚み
◇フリースのようなウール
◇動物の毛を思わせるヘアリー
◇スエットシャツ・スタイル

ドレスやパンツ
 マットな流動感のあるシルキー・スパン。
◇情感のあるフリューディティ
◇光や光沢感

トップス/シャツやニット
シャツ
 スポーティなウェアをよりエレガントにリフレッシュさせて見せるシャツ生地。温かみのあるダークな色調でシティ調よりもカントリー風のパターンが主。
◇メンズ調フリュイド
◇カジュアル・シックなビロード感覚
◇グレイッシュなトーン

ニット
 サステナブルへの提案があらゆるニットでみられる。密度の高いしっかりとした編地が広がりを見せる。
◇高度な組織編み
◇布帛スタイル
◇広がるフリース

|

« PVパリ ⑿ スタッフの新ユニフォームは 綿100%ツイル | トップページ | PVパリ ⒁ 「ファンシー・セレクション」 一見シンプル »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PVパリ ⑿ スタッフの新ユニフォームは 綿100%ツイル | トップページ | PVパリ ⒁ 「ファンシー・セレクション」 一見シンプル »