« PVパリ⒂ スポーツ&テック 防護とイノベーション前面に | トップページ | PVパリ⒄ PVデザイン 創造の鍵握るテキスタイルデザイン »

2019年10月13日 (日)

PVパリ ⒃ 「ヤーン&ニットウェア」 個性的で独創的

 プルミエール・ヴィジョン(PV)パリのPVヤーンとニットウェアのトレンドは、今回も1つのフォーラムで一緒に展示されました。2020/21秋冬に向けたキーワードは次のようです。Pvparisyarnssept19alexgallosi70931
PVヤーン
 テーマは「エゴ」。個性的でよりヒューマン、よりセンシブルな素材で、しかも環境への負荷を最大限に抑えた素材が中心。

SELF EXPRESSION(自己表現)
見た目革新的で個性的。テキスタイルをリッチに見せるファンシーヤーンが充実。マルチカラーやカラーと素材のブレンド、ノップヤーンやブークレヤーン使い。

SELF EXPANSION(自己拡張)
 寒さから身を守る温かい素材。ボリュミナスなパフィー糸や、リッチな毛足や毛羽。シェニールやモヘア、エアリーウールなど。心地よいハイパフォーマンスなプロテクション。

SELF CONSCIOUS(自己意識)
 環境にやさしい、追跡可能な生産プロセスによるサステナブルな開発。リサイクルやバイオソース、オーガニック、害の少ない原料など。持続可能なものとして設計された製品。


ニットウェア
Pvparisyarnssept19alexgallosi74181  テーマは「エゴ・エキセントリック」。2020/21秋冬に向けた提案は、個性的かつ独創的。個性を引き立てる、表現力豊かなニット、ときに奇抜なものも。

SELF EXPRESSION(自己表現)
 ポジティブで見た目も魅力的なニット。個性的な形状の編地、ジャカードやインターシャ、マキシ(大柄)なモチーフ、幅広のコントラストをつけたストライプ、エキセントリックなステッチも。

SELF EXPANSION(自己拡張)
 ふくらんだボリュームの丸みのある温かいニット。3D構造、身体を包むボリューム、表現力豊かなコクーニングのアプローチ。プラッシュやファーの効果、誇張されたマクロなステッチ、ブレードも彫刻的に。

SELF CONSCIOUS(自己意識)
 体を包み込むドレープや、細かいレイヤーで構成されるシルエット。しなやかな編み組織、波状のリブ、ストレッチするマイクロキルティング風の編地、繊細でセンシャスなテクスチャーのステッチプレイ。

 日本からは丸正ニットファクトリーが唯一一社、出展していました。(このブログ2019.3.6付けも参照)
Img_75081
Img_75101  素材は深喜毛織の最高級ウールやカシミアです。
 今シーズンは新しく絞りのグラデーションが美しい、ホールガーメントのセーターを提案していたのが印象的です。
 

|

« PVパリ⒂ スポーツ&テック 防護とイノベーション前面に | トップページ | PVパリ⒄ PVデザイン 創造の鍵握るテキスタイルデザイン »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PVパリ⒂ スポーツ&テック 防護とイノベーション前面に | トップページ | PVパリ⒄ PVデザイン 創造の鍵握るテキスタイルデザイン »