« 2020春夏RFWT「ノントーキョー」強く可憐“愛の戦士” | トップページ | 2020春夏RFWT「ヒロココシノ」楽器のシルエットに着想 »

2019年10月31日 (木)

2020春夏RFWT 勢いのある4つのフィリピンの新進ブランド

 今シーズンも「アジアンファッションミーツトーキョー フィリピン(ASIAN FASHION MEETS TOKYO PHILIPPINES)」が開催され、勢いのある4つのフィリピンの新進ブランドが参加しました。
 
ベンチ(BENCH/)
Img_94631  1987年Ben Chanによって創立されたライフスタイル・アパレルブランドです。
 当初はメンズのカジュアルファッションブランドだったそうですが、その後コスメやサロン、カフェなどを展開しマーケットを拡大。今では世界各国で約650店舗のショップを展開しているとのこと。「BENCH/ファッションアワード」を通じてフィリピンの若手デザイナーへのサポートなども行っているといいます。
 夏らしい明るい色使いがフレッシュです。
Img_94621

ジェイス・キアンバオ(JACE QUIAMBAO)
1993年生まれ。マニラ にあるInstitute of Creative Entrepreneurship でデザインを学び、卒業後1年で、自身のブランドを設立。
 今シーズンは“蝶”がポイントのコレクションを見せています。
Img_94411jpg

アントニーナ(ANTONINA)
Img_94321  1996年生まれのデザイナー、アントニーナ・アバド・アモンショAntonina Abad Amoncioが手掛けるブランドです。

 フィリピン大学卒業で、フィリピンを始め様々な社会問題をデザインを通して表現することに努めているといいます。

 
 ステッチなど、手仕事風のデザインに独自性を感じました。


ハンセン(HANSEN)
 ボン・ハンセン・レイエス(Bon Hansen Reyes)が手がけるブランドで、シャープな直線的カットが印象的です。刺繍のデザインにも注目です。
Img_94531 Img_94521


 

|

« 2020春夏RFWT「ノントーキョー」強く可憐“愛の戦士” | トップページ | 2020春夏RFWT「ヒロココシノ」楽器のシルエットに着想 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020春夏RFWT「ノントーキョー」強く可憐“愛の戦士” | トップページ | 2020春夏RFWT「ヒロココシノ」楽器のシルエットに着想 »