« ノートルダム大聖堂 大火災後の修復工事を遠望 | トップページ | パリでアライア×タチ展 別の視点からファッションを見る »

2019年10月21日 (月)

 パリのマレで 黒い法服のデモ行進の一コマから

  この秋、「黄色いベスト」運動はようやく下火になりましたが、「マニフェスタシォン(デモ行進)」とストライキは、もうパリ名物です。
 先月、パリに到着した日の夜、空港のタクシー乗り場は長蛇の列でうんざり。何でもこの日は交通ストライキのため電車もタクシーもなく、タクシーしか足の便がなかったのです。

Img_72991  街の中ではマレ地区で黒い法服をまとった大集団に遭遇しました。弁護士や医師、パイロットなど専門職の年金改革反対のデモンストレーションでした。Img_72951 黒服がこれだけたくさん集まると異様でびっくり! 黒はどの色にも染まらないから公平に忠実に裁くという意味があるそうです。
 デモ参加者に若者や女性が多いのも目につきました。
 
 パリではこの後も気候対策と社会公正、反核平和を求めるデモが行われて、5万人が参加したといいます。日本では考えられない規模でほんとうに驚きです。
 
 折しもこの時期、北マレの人気セレクトショップ「メルシー」では「リサイクル」をテーマに、リサイクルとアートを一体化させたデザイン雑貨を打ち出していました。Img_73041jpgImg_73021jpg

 右は、メルシーの廃プラスティックでつくられたアップサイクルのマークです。
 これもユニークですね。
 

 国連ではスエーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんという16歳の少女の演説が話題になりました。「あなたたちはその空っぽの言葉で私の夢を、私の子ども時代を盗んでいる」と、涙ながらに力強く訴える姿に感動した人は多かったと思います。
 若者たちを中心に大きなうねりとなっているこのムーブメント「グローバル気候マーチ」は、日本でも9月20日に行われて、東京や大阪、京都、名古屋、福岡、札幌など26都市で約5千人が参加したといいます。まだ少ないですけれど、社会の空気がようやく少しずつ変わり始めているのを感じます。若者たちのエネルギー、改めて心強く思ったことでした。

|

« ノートルダム大聖堂 大火災後の修復工事を遠望 | トップページ | パリでアライア×タチ展 別の視点からファッションを見る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノートルダム大聖堂 大火災後の修復工事を遠望 | トップページ | パリでアライア×タチ展 別の視点からファッションを見る »