« パリでアライア×タチ展 別の視点からファッションを見る | トップページ | パリのプティ・パレ ロマン主義時代のパリ1815-1848 展 »

2019年10月23日 (水)

パリ新スポット「ギャラリーラファイエット」シャンゼリゼ

 この9月に訪れたパリで、話に聞いていた「ギャラリーラファイエット」シャンゼリゼに行って来ました。この3月末、シャンゼリゼ大通りのど真ん中に開業したパリの新しいショッピング・スポットです。新店舗は百貨店としてはコンパクトですけれど、 シャンゼリゼ大通りでは最大級の6500㎡とか。大理石のラグジュアリー感あふれるコンセプチュアルなつくりで、円形の吹き抜け構造は、オスマン通りと似ています。 

 このときのテーマは映画の「バットマン」でした。
Img_71571  1階の広場には「バットモービル」が設置されていて、ファン、とくに子どもたちか喜んでいました。これはバットマンが運転する架空の車です。
 Img_71541 階段に並んでいた今秋の最新ファッションに身を包んだマネキンも、バットマンのような頭飾りです。こうすると強そうに見えますね。

 ストアコンセプトは、来店客との関係を大切にすることとか。Eコマースは目立たず、リアル店舗での買い物の楽しさを考えている様子が分かります。
 ショッピングをアドバイスするパーソナルスタイリストも300名いるそうです。以前のパリの百貨店では考えられないサービスです。

Img_715912階はセレクトショップ風で、ポップアップショップがいっぱい。

Img_71661  有力ラグジュアリーブランドコーナーは、まるでセレクトショップのようです。好きなアイテムを選んでコーディネイト、そんなブランドミックスを楽しめるのもいいですね。
 
Img_71691  ジュエリーコーナーは何ともエレガントな空間! ここにはドーバーストリートマーケットが扱っているジュエリーも販売されているそう。
 
 ギャラリーラファイエットグループは、この春、マレ地区にイタリア食材の「イ―タリー・パリ」もオープンさせています。確かに勢いがありますね。 
 日本の百貨店も元気を出して、です。

|

« パリでアライア×タチ展 別の視点からファッションを見る | トップページ | パリのプティ・パレ ロマン主義時代のパリ1815-1848 展 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パリでアライア×タチ展 別の視点からファッションを見る | トップページ | パリのプティ・パレ ロマン主義時代のパリ1815-1848 展 »