« PVパリ ⑴ インスピレーションとイノベーション求めて | トップページ | PVパリ ⑶ 第11回PVアワード 日本勢の受賞なし »

2019年9月29日 (日)

PVパリ ⑵ 環境への責任とデジタルとスポーツ&テック

 恒例のプルミエール・ヴィジョン(PV)パリ初日の記者発表会に参加しました。今期の概容を解説したのは、PVジェネラルマネージャーのジル・ラスボルド氏です。Img_73411  
 会見によるとポイントは大きく3つあります。環境への責任 (エコ・リスポンシビリティ)デジタルスポーツ&テックです。

 第一番目に挙げた環境への責任は、この中でもっとも重要とみられているテーマです。今回の記者発表会もホール3のスマートクリエーションエリア(旧スマートスクェア)で行われました。ここは責任あるクリエーションへのニーズに対応する素材が集積したエリアです。このことを一つとってみても、PVパリがエコ・ファッションをいかに重要視しているかがわかります。
 スマートクリエーションエリアは今期、規模を拡大しています。面積は1,200 m2となり、出展企業は新規出展企業30社を含む50社で、昨年9月展の28社と比べ大幅に増加しています。エコに関する新たなパフォーマンスコードも5つ設けられ、バイオポリマー(生体高分子 有機物や再生可能な資源からつくられた化合物)、メタルフリー(なめし加工や仕上げ加工に重金属を使用しないレザー)、ウォーターレス(通常の工程よりも水の消費が少ない染色加工や仕上げ加工)、トレーサビリティ(追跡可能性)、製品寿命後のプロセス(生分解性/コンポスト(堆肥)可能/リサイクル可能といったデザイン段階から製品寿命後のことを考えられた素材)です。これに沿い、出展各社からは原材料の調達から工業プロセスまで、より持続可能でエコなデザイン、エシカルなファッションに向けた最新のイノベーションが提案されました。
 またエコ・ファッションに関する概観が、スマートトークで発表されることも紹介されました。これはPVが支援するIFM(フランスモード学院)の講座の一環として行われた「エコ・ファッションの消費に関する研究」です。ここではその成果の一部を公表。例えばフランス、イタリア、ドイツ、USAの5,000人をアンケート調査したところ、過去1年間にサステナブルなファッションを購入した人は全体の48%で、約半数が関心を持っているという結果が得られたといいます。しかし購入しないという人も50%います。何故かというとこのことを十分に理解していない、素材への認知も不十分、と答えているのです。
 そこでPVではさらなる発信に注力すべく、パリ市主導で始まった「PARIS GOOD FASHION」プロジェクトに加盟したことを明らかにしました。これはファッション産業を持続可能な産業にすることを目指す、2024年までの5か年計画プロジェクトです。サステナブルなファッションをともに推進していくことで、サステナビリティへの関心を高めることがファッション市場活性化への鍵になるといいます。
 環境への責任ある素材の打ち出し、その強化がさらに求められています。
 
 第2番目はデジタルの進展です。PVのe-コマース、B to BプラットフォームのマーケットプレイスPVは、この9月展で1周年を迎えました。最初の結果は、65,000人のユニークビジター、800,000ページビュー、オンライン掲載素材7,500点、完了したサンプル注文数3,500点と非常にポジティブだったといいます。レザー、デニムに続きPVアクセサリーの出展企業も登場し、来年2月展にはPVヤーンも参加するとのこと。同様に2020 年、バイヤーたちの強い要望に応え、通年素材やアウトレット素材のストック・サービスが、新機能として追加されます。
 会場内2カ所には専用エリアも設けられ、出展企業や来場者に情報を発信しサポートする体制も、しっかりとられていました。
 
 第3番目はスポーツ&テックです。ホール6のスポーツ&テックエリアでは新規8社を含むテキスタイルメーカー80社が出展。新しい試みとして、PVのアプリ上でスポーツ系ファッションや機能素材に関わるスペシャリスト約700社のブースを巡るスポーツ&テック・トレイル・ルートの提供も話題に上りました。
 またアメリカのオレゴン州ポートランドで、この8月14日~15日に開催されたスポーツPVにも触れ、58社が出展、2,200人の来場者があったといいます。これによりこの分野の重要性はますます増すものと思われます。
 
 この他、PVモードチームによるシーズントレンドセミナーなど各種セミナーやカンフェランス、PVアワード、TEXSELECT授賞式、イエールでPV審査員大賞を授与されたオーストリア人クリストフ・ルンフ氏の特別展など、盛りだくさんなイベントの案内があり、会見を終えました。

|

« PVパリ ⑴ インスピレーションとイノベーション求めて | トップページ | PVパリ ⑶ 第11回PVアワード 日本勢の受賞なし »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PVパリ ⑴ インスピレーションとイノベーション求めて | トップページ | PVパリ ⑶ 第11回PVアワード 日本勢の受賞なし »