« 日比谷「松本楼」 孫文と辛亥革命支えた日本人の秘話 | トップページ | ジャパンジュエリーフェア 真珠の話―令和の真珠と万葉集 »

2019年9月 6日 (金)

第7回「ウーマン オブ ザ イヤー」表彰式 土屋太鳳が受賞

 「ジャパンジュエリー フェア2019」が8月28~30日、東京ビッグサイトで開催され、恒例の「ジュエリー業界が選ぶ ウーマン・オブ・ザ・イヤー」表彰式が行われました。これは「ジュエリーの輝きのように最も美しく輝いている女性」を文化・芸能・スポーツ界の中から選出する賞で、今年で第7回目を迎えます。
 主催する日本ジュエリー協会とUBMジャパンから、栄えある賞を贈られたのは、俳優の土屋太鳳さんでした。
Img_59331   土屋さんはプラチナ・エメラルド・ダイヤモンドのネックレスを胸元に着けてステージに登壇しました。エメラルドは60ctを超える透明度と美しさで世界でも類を見ないコロンビア産の逸品とか。お値段は何と5億円といいますから超豪華です。
 Img_59371 受賞インタビューで、土屋さんは「夢みたいです」と挨拶し、「ジュエリーにエネルギーを感じます。ジュエリーというよりも、小さな地球がここにある感じです。エメラルドの持つパワーが一つの命になっているような感覚で、ジュエリーというと温度を感じないものと思っていましたが、これはとっても温かいです」。
 また美しさを保つために実践されていることを問われて、「今は勉強の時期なので、新聞を読んだり、いろいろな人と会ったりして、世界を広げるように努めています。」そしてこの後「新聞には情報がいっぱい。『大根』を包むのにもいい」とコメントしました。『大根』という庶民的な言葉が飛び出して、会場には笑いが---こぼれて、少し緊張した空気感が和みました。憧れのセレブが身近に降りてきたような感じでした。
 「この受賞を誇りに女性として一生懸命に踏ん張って生きたい」と力強くおっしゃっていたのが印象的です。
 ほんとうにすてきな女優さんですね。

|

« 日比谷「松本楼」 孫文と辛亥革命支えた日本人の秘話 | トップページ | ジャパンジュエリーフェア 真珠の話―令和の真珠と万葉集 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日比谷「松本楼」 孫文と辛亥革命支えた日本人の秘話 | トップページ | ジャパンジュエリーフェア 真珠の話―令和の真珠と万葉集 »