« セミナー「パナソニックのユニバーサルデザインの取組み」 | トップページ | 第7回「ウーマン オブ ザ イヤー」表彰式 土屋太鳳が受賞 »

2019年9月 5日 (木)

日比谷「松本楼」 孫文と辛亥革命支えた日本人の秘話

 先日、日本ファッション協会うらら会の懇親会で日比谷「松本楼」に行く機会がありました。「松本楼」といえば、日本初の洋式庭園である日比谷公園の中にある森のレストランです。

Img_57621  会の冒頭、小坂文乃社長から日比谷「松本楼」の歴史を伺いました。 この土地は江戸時代に伊達家の屋敷があり、伊達政宗もここで亡くなったそうです。明治に入って、日本にも西洋風の公園をつくることになり、この地が選ばれたのです。ここでクイズを出されました。「洋式庭園に必要な3つの要素は何か」というものです。「花壇」と「レストラン」はすぐに答えられたのですが---、あと一つは「音楽を聴くところ」だそう。確かに日比谷公会堂がありますね。
 ともあれこうして日比谷「松本楼」は1903年に開業し、文化の発信地として評判を呼んだ戦前から戦後へ、激動する時代の舞台となっていくのです。
 ここで孫文との秘話が吐露され、その驚愕の史実を知って身が引き締まりました。孫文は清朝を打倒するため辛亥革命を起こし、中国革命の父と呼ばれる人物です。小坂社長の曽祖父、梅野庄吉は、この孫文と香港で出会い、生涯にわたって、物心両面で支えたといいます。日比谷「松本楼」にも度々訪れ、なじみの客だったとか。
 このお話は遺言もあり戦後もずっと封印されてきたそうです。しかし今では著書を始め講演などで積極的に披露されているといいます。2008年の福田総理主催夕食会では故胡錦涛国家主席も来店されるなど、時代は変わり、日中友好交流にも一役かっていらっしゃるのですね。
 
 一階ロビーには燭台付きのアップライトピアノが置かれています。これは梅野庄吉邸で孫文夫人の宋慶齢が弾いていたピアノで、ヤマハの前身である日本楽器製とのこと。さすがに重厚! Img_576811
 日比谷「松本楼」の10円カレーのエピソードも伺いました。ここ松本楼は1971年の学生騒動で火焔ビンを投げられて全焼してしまったといいます。何と衝撃的な事件でしょう。全国の志ある方々の支援で立ち直り、今あるお礼の気持ちから名物のカレーを毎年10円で提供されているとか。今年は9月25日に行うそうで、売り上げ金は子どもたちのために寄付されるといいます。ほんとうにすばらしいですね。
 
 この日のメニューも大変美味しく、楽しい一夜を過ごさせていただきました。感謝!

|

« セミナー「パナソニックのユニバーサルデザインの取組み」 | トップページ | 第7回「ウーマン オブ ザ イヤー」表彰式 土屋太鳳が受賞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セミナー「パナソニックのユニバーサルデザインの取組み」 | トップページ | 第7回「ウーマン オブ ザ イヤー」表彰式 土屋太鳳が受賞 »