« メゾン・エ・オブジェ パリ ⑷ 「茶室」が人気 | トップページ | ミラノのギフト・インテリア見本市「ミラノ・ホーミ」視察 »

2019年9月24日 (火)

ロンドンでマリー・クワント展 元祖ストリートファッション

 今期欧州出張ではファッション・マーケット・リサーチのため、またしてもロンドンに行ってきました。ロンドンに来ると毎回立ち寄るファッションスポットが、ヴィクトリア&アルバートミュージアムです。
 ここで開催されていたのが特別展「マリー・クワント (Mary Quant)」でした。マリー・クワントは英国のファッションデザイナーで、ミニスカートやホットパンツ、カラフルなタイツをはやらせ、コスメ業界へも進出するなど、1960年代のロンドンのハイ・ストリートに革命を起こしたと言われています。まさに現代ストリートファッションの元祖のような人物なのです。
Img_65881   展示されたのは1950~70年代まで200点あまり。そのポップで遊び心あふれるファッションは、当時の明るいムードそのままで、懐かしくなりました。それほど古い感じもしませんし、今着てもおかしくないものが多いのです。

 中は意外にもそれほど混んでいませんでした。
 1階は、マリー・クワントがいかにストリートの若者たちに影響を与えたか、その栄光への軌跡を振り返る内容でした。
  マリー・クワントは1930年、ロンドン郊外のブラックヒースで生まれました。(日本では1934年生まれとなっていますが、本展でもまた英語版ウイキペディアでも生年は1930年となっています。)
Img_64651 Img_64831   ゴールドスミス・カレッジを卒業後、夫となるアレグザンダー・プランケット=グリーンらとともに、1955年チェルシー地区のキングスロードにブティック「バザー(BAZAAR)」を開店します。(上はその頃のファッション)
    1957年にはその2号店を、あのテレンス・コンランのデザインでナイトブリッツにオープンさせ、1959年に画期的な「ミニスカート」を発表します。
 「ミニ」の名称は、愛車の「ミニ」からとったとか。
 シンプルで力強い直線的なラインが特徴で、これが瞬く間に若者たちを虜にし、カーナビ―ストリートなどストリートを中心に若者たちの人気を集め、後の大ブームのきっかけをつくることとなったのです。
Img_64681  上はメンズスタイルを取り入れたボーイッシュなファッション。

 1963年には縫製を担うジンジャー・グループを立ち上げ、量産による低価格のラインを構築します。こうなるともうその勢いは止まりません。米国向け輸出も大きく成長し、ミニスカートは世界中を席巻するようになるのです。
  私もあの頃、スカート丈を短くしたことを思い出していました。
Img_65061 Img_65041jpg
Img_64771jpg  水玉やタータンなどのチェック、花、ウィリアム・モリス風のクラシックな花柄のデザインも見られます。
Img_65121  
 1966年、ついに英国への功績を讃える大英帝国勲章(OBE)が授与されました。

  右のドレスは、マリー・クワントがそのときに着用したウールジャージーのドレスです。
 ローウエストでスカートには少しギャザーが入っていて、ハイカラーで胸元はジッパー開き、袖にはベル型のカフスが付いています。
 
 またこの年、化粧品のデザインも始めています。
 
 2階は、ますます明るいカラフルでポップな空間となっています。Img_65381 Img_65241  カラーあふれる楽しいデザイン。
 Img_65401  ホットパンツやジャンプスーツなど、スポーティなデザインもいっぱい。
 
 Img_65471 マリー・クワントは、「ファッションで肝要なのは、ファッショナブルな服をすべての人に提供することです」と述べています。1963年に「ジンジャー・グループ」を設立し、量産体制により低価格ラインの服を発表していったのもこのためだったのです。
 重要なデザイナーと言われながらも、マリー・クワントがあまり高く評価されているといえないのは、ファッション業界が安い服をデザインしているデザイナーを評価していないという事情があるからのようです。高額の服をデザインするデザイナーにばかりスポットが当てられる、それはとても残念なことと思っていました。本展では、それを払拭するようなマリー・クワントのすばらしいファッションが満載でした。
 
 展覧会は来年2月16日までです。ロンドンに行かれたら、ぜひ一見してみて、と思います。x

|

« メゾン・エ・オブジェ パリ ⑷ 「茶室」が人気 | トップページ | ミラノのギフト・インテリア見本市「ミラノ・ホーミ」視察 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メゾン・エ・オブジェ パリ ⑷ 「茶室」が人気 | トップページ | ミラノのギフト・インテリア見本市「ミラノ・ホーミ」視察 »