« 2020/21年秋冬ミラノウニカ コットン素材傾向 | トップページ | 銀座で“打ち水”! いっときの涼を楽しむ »

2019年8月 3日 (土)

「循環型社会へ向けて」寄稿

 このところ世界のあちらこちらで「サーキュラー・エコノミー」、つまり「循環型社会」という言葉が飛び交うようになりました。これを聞くと私はいつも、かつて大橋さんと親しくさせていただいていた社会学者の故大橋照枝さんが「静脈系社会」を提唱されていたことを思い出します。大橋さんが主張されていたような社会へ向けた活動が、今ようやく地に着き始めたのです。
 先般発行された一般財団法人日本綿業振興会発行の機関紙「COTTON PROMOTION コットンプロモーション」(2019年夏号)に、このことに関するコラムを寄稿しています。テーマは「循環型社会へ向けて」です。本紙と併せてご覧下さい。Me-2019

|

« 2020/21年秋冬ミラノウニカ コットン素材傾向 | トップページ | 銀座で“打ち水”! いっときの涼を楽しむ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020/21年秋冬ミラノウニカ コットン素材傾向 | トップページ | 銀座で“打ち水”! いっときの涼を楽しむ »