« メゾン・エ・オブジェ9月展は「ワーク!」をテーマに | トップページ | セミナー 体幹トレーニングで美しい体を手に入れる »

2019年7月 8日 (月)

モーダ・イタリア/シューズ・フロム・イタリー盛会で閉幕

 第55回モーダ・イタリア展/第65回シューズ・フロム・イタリー展が、2日~4日、ベルサール渋谷ガーデンで開催され、盛会裡に幕を閉じました。

Img_32541jpg

 出展企業は、アパレル関連46社、レザー関連42社、シューズ関連36社の124社、来場者は1.337社1.741名と発表されています。昨年同期は 997社1.286名とのことですので、大幅に伸びたことになります。

Img_32681jpg

 初日のアペリティーボ“HAPPY HOUR”で、イタリア大使館 貿易促進部のアントネッラ・マルッチさんが挨拶(上の写真)。
 今回は日本国内で地方を拠点とされるバイヤーの方々に加え、台湾、韓国、マレーシアからバイヤーを招聘し好評を得たといいます。また日本のイタリア製品、中でもカジュアルシューズの輸入量が今年の1月から4月、前年同時期と比べると、39.51%も増えたことに驚きの声を上げていたのが印象的でした。

Img_32771

 上は“フォトシューティング”の写真の一部です。セレクトされた出展社のアイテムをモデルが実際に着用し、カメラマンが撮影したもので、展示会の魅力をアピールしていました。
 
 EPA発効により、衣料品の関税が撤廃され、バイヤーの買い付けに熱気が感じられた会期でした。次回は2020年2月4~6日、同じベルサール渋谷ガーデンにて開催されるとのことです。

|

« メゾン・エ・オブジェ9月展は「ワーク!」をテーマに | トップページ | セミナー 体幹トレーニングで美しい体を手に入れる »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メゾン・エ・オブジェ9月展は「ワーク!」をテーマに | トップページ | セミナー 体幹トレーニングで美しい体を手に入れる »