« ユニーク バイ モードシティ ⑴ “ハイテク” &“グリーン” | トップページ | ユニーク バイ モードシティ⑵ 2020年夏のトレンドショー »

2019年7月28日 (日)

「more than Reason」展 プリーツが衣服から天井や壁へ

 東京・銀座のLIXILギャラリーで今、「more than Reason (モア ザン リーズン)」展というちょっと不思議な展覧会が開催されています。
Img_51021  ドレスに纏った紙のプリーツが頭の上に伸びて、天井や壁を覆っているのです。 微妙に響く音楽も流れていて、衣服が建築に変身していく様子が興味深いと思いました。
Img_50971  このインスタレーションは、建築家の隈研吾、「アンリアレイジ(ANREALAGE)」デザイナーの森永邦彦、サカナクションの山口一郎の3人のコラボレーションによるもので、同ギャラリーの展覧会企画「クリエイションの未来展」の第19回目だそう。建築とファッションと音楽の連携プレーとは!
 カードに書かれた俳句もヒントになっているようで、和のイメージもあります。末広がりの扇形プリーツのデザインが日本的です。
 カードのQRコードをかざすと音楽が聞こえてきたりして---。こういうのも、これまでにない未来のアートの楽しみ方なのでしょうね。

|

« ユニーク バイ モードシティ ⑴ “ハイテク” &“グリーン” | トップページ | ユニーク バイ モードシティ⑵ 2020年夏のトレンドショー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユニーク バイ モードシティ ⑴ “ハイテク” &“グリーン” | トップページ | ユニーク バイ モードシティ⑵ 2020年夏のトレンドショー »