« ユニーク バイ モードシティ⑶ ジューンブライドの白が復活 | トップページ | ヤブノケンセイ展 「SPOUT(注ぎ口)」をテーマに »

2019年7月31日 (水)

アーカイブ ストア 90年代のジャン=ポール・ゴルチエ展

 「アーカイブ ストア(Archive Store)」という、ブランドの希少なアーカイブを展開しているセレクトショップが渋谷区神南にあります。今、この店で90年代のジャン=ポール・ゴルチエ展「Collection of Jean Paul GAULTIER from 1990's」が行われていると聞き、行って来ました。
 ジャン=ポール・ゴルチエといえば、アバンギャルドなパンク精神にあふれたファッション界の異端児と呼ばれるデザイナーです。1980年代にはフランスを代表するファッションブランドとなり、長年人気ナンバーワンを守り続けました。パリコレでは常に大喝采を浴びていたことが思い出されます。
Img_53591  そのゴルチエ作品約50点が、ビルの地下にあるショップで展示・販売されています。狭い部屋ですが、全面鏡張りなので広く感じました。
Img_53551jpg  入って真っ先に目に飛び込んできたのが、右の “キモノ”ドレスです。
 1999年春夏コレクションで発表されたもので、ベールのような透ける素材に女性のボディがプリントされています。
 ちょっと妖しげな雰囲気が漂う逸品です。

 ハンガーにはゴルチエのアイコニックなアイテム、マリンボーダーニットからドラゴンのタトゥープリント、メンズ用スカート、“見せる” ランジェリーなどがズラリ!と揃っていました。

Img_53581  上は"サイバードット"、1995年秋冬の作品です。

 ジャン=ポール・ゴルチエがいかに当時のファッションを塗り替えた先駆者だったかがわかるエキシビションでした。
 なおこれは31日までの開催で、次回は8月半ば頃からアンダーカバーのアーカイブを展示するそうです。また楽しみですね。

|

« ユニーク バイ モードシティ⑶ ジューンブライドの白が復活 | トップページ | ヤブノケンセイ展 「SPOUT(注ぎ口)」をテーマに »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユニーク バイ モードシティ⑶ ジューンブライドの白が復活 | トップページ | ヤブノケンセイ展 「SPOUT(注ぎ口)」をテーマに »