« ここのがっこう ファッション&ニュークラフツ修了展示 | トップページ | 付加価値ある意匠デザインを実現するものづくり技術2019 »

2019年6月 2日 (日)

映画「マックイーン モードの反逆児」を見て

 先日やっと暇をみつけて、アレキサンダー・マックイーンのドキュメンタリー映画「マックイーン モードの反逆児」を見てきました。ロードショーはもう終盤で、館内はほぼ満席でした。
58edc1d3c4aa3a1c   見終わった後、感動のあまり席を離れたくない気持ちにおそわれました。こんなこと初めてです。アレキサンダー・マックイーンは、まさに真の天才デザイナーでした。
 実は私はアレキサンダー・マックイーンのランウェイを見たことがありませんでした。この映画で、彼のショーがいかにドラマティックな物語に満ちたスペクタクルなものだったかを得心しました。彼は偉大なショーマンでもあったのですね。2台のロボットがスプレーで人形のようなモデルの白いドレスに色を吹き付けていくパフォーマンスや、幻想的なケイト・モスのホログラム投影、モデルによるチェスゲーム、セントマーティン卒業以来ずっと支援してくれたイザベル・ブロウへのオマージュ、プラトンのアトランティス---と、まるで夢でもみているような印象的な場面が続々。会場の熱狂ぶりはいかばかりだったでしょう。
1_8  それにしてもこれほどまでに惹きつけられてしまうとは! そこには華麗なモードの裏に人間の暗い影の部分、死や暗黒の世界が横たわっているのを感じるからなのかもしれません。彼のデザインの原点は中世衣装にあるとよく言われます。そういえば“スカル”のモチーフを流行らせたのも彼でした。 
 サヴィルロー仕込みのテイラーリングの技術と、クチュールメゾンの職人技で、プレタポルテでありながらオートクチュールのような作品を送り出したアレキサンダー・マックイーン。商業主義に流されず、常に反骨精神をもって、この世にないものを生み出そうとした、衣服の「彫刻家」でした。
 映画では、天才ならではの苦悩がにじみ出ているようで、胸が傷みました。ファッションとは何か、クリエイションすることの意味を突き詰めようと最後までもがき続けていた姿が描き出されていました。40歳の若さで自死を選んだのは、このためだったのでしょうか。それは母の葬儀の前日でした。
 私たちもファッションについて改めて問い直してみる必要がありそうです。

|

« ここのがっこう ファッション&ニュークラフツ修了展示 | トップページ | 付加価値ある意匠デザインを実現するものづくり技術2019 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ここのがっこう ファッション&ニュークラフツ修了展示 | トップページ | 付加価値ある意匠デザインを実現するものづくり技術2019 »