« 遠諱記念特別展 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」展 | トップページ | 2020クラボウ繊維展「ヒューマン・フレンドリー発想」 »

2019年6月20日 (木)

ヴィクター&ロルフ2019春夏オートクチュール・コレ展示

 今、銀座のドーバー ストリート マーケット ギンザ1Fエレファントスペースで、ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)の2019春夏オートクチュールコレクションが展示されています。
 通りかかりましたら写真を撮っている人がちらほら。SNSにでもアップするのでしょう。
 このコレクションは今年1月に発表されて話題を呼んでいたものです。当時インスタグラムを席巻したといいます。

Img_30311

 テーマは「ファッション・ステートメント」です。ドレスには大きな文字のメッセージが刺繍されてペタッと貼り付いています。現在のファッションを取り巻く空気感、気分を皮肉るようなキャプションがみられるのもおもしろいです。
Img_30351 Img_30331jpg
   チュールレースの装飾たっぷりのドレスに「LESS IS MORE 飾りがない方がいい」とか、「NO PHOTOS PLEASE 写真を撮らないで」、大麻の葉モチーフに「AMSTERDAM」、ドクロに「GO TO HELL」、また「「I AM MY OWN MUSE 私のミューズは私」、「LEAVE ME ALONE(私にかまわないで)」など---。   
 4F売り場ではカプセルコレクションが販売されています。
 開催は25日まで。ヴィクター&ロルフという稀代のデザイナーのクリエイションを間近で目にできるチャンスですね。

 

|

« 遠諱記念特別展 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」展 | トップページ | 2020クラボウ繊維展「ヒューマン・フレンドリー発想」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠諱記念特別展 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」展 | トップページ | 2020クラボウ繊維展「ヒューマン・フレンドリー発想」 »