« 2020秋冬東洋紡「ファーム」地球の恵みテクノロジーで育む | トップページ | 「コシノヒロコ × カジ・ギャスディン―時の旋律―」展 »

2019年6月23日 (日)

クリヨウジのクレージーハウス展 驚きのユーモア溢れる世界

 久里洋二氏といえば、今や日本アニメーション界のレジェンドです。ずっと以前のことですが、パリの街角で声を掛けられたことがあって、日本アニメの一大ブームを予言されていたことが思い出されます。
 その久里氏の「クリヨウジのクレージーハウス展」が、21_21DESIGN SIGHT企画展「ユ-モアてん。/SENSE OF HUMOR」(このブログ2019.3.31付け参照)関連企画として、今月30日まで開催されているというので、行って来ました。

Img_30781

 目に飛び込んできたのは、鮮明な色に満ちた、驚きのユーモア溢れる世界です。今年91歳を迎えられて、なお元気いっぱいでいらっしゃるのでしょう。そのパワフルなクリエーションに私も刺激されました。

Img_30901

 

Img_30841jpg

 上は「箱人間」シリーズです。酔っ払いなど、見ていると楽しくなってきます。

 会場では貴重な映像作品も見ることができます。強烈なインパクトに浸りに、訪れてみてはいかがでしょう。

|

« 2020秋冬東洋紡「ファーム」地球の恵みテクノロジーで育む | トップページ | 「コシノヒロコ × カジ・ギャスディン―時の旋律―」展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020秋冬東洋紡「ファーム」地球の恵みテクノロジーで育む | トップページ | 「コシノヒロコ × カジ・ギャスディン―時の旋律―」展 »