« インテリアライフスタイル記者発表会 魅力的出展社勢揃い | トップページ | 髙田賢三が宮本亜門演出オペラ「蝶々夫人」衣裳をデザイン »

2019年6月28日 (金)

JAFIC懇親会 『CSR憲章』を基に社会的活動に取組む

 この13日、東京ミッドタウンで行われた日本アパレル・ファッション産業協会(JAFIC)の総会後、開催された懇親パーティに参加しました。

Img_29801

 まず今期の役員の方々の紹介がありました。
 次に再任された北畑 稔理事長が、「今期はSDG’sを目標に策定された『CSR憲章』に基づき、企業の社会的責任、つまりCSR活動に重点的に取り組んでいく。JAFIC参加企業は335社で中小企業が多い。その環境改善につながる活動に資するように努めていきたい」と挨拶。続いて岩田 功 CSR委員長が、『CSR憲章』の7つの指針―人権や労働慣行、環境、公正な事業慣行、消費者・顧客、コミュニティーへの参画と発展、組織統治について―を解説。
Img_29901  小池百合子東京都知事も来場し、「都としてデザイナーの人材育成を後押ししていく。来年の東京オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典であると同時に文化の祭典でもあり、この機会を活かして東京発信のファッションを世界に届けることを祈念している」とスピーチしました。
 最後にCSRの事例、たとえば会員企業のダイバーシティ推進活動や、衣服のリユース活動「ふくのわプロジェクト」などを映像で紹介。産地とクリエーターによるサステナブルファッションも披露されました。

 避けては通れないサステナビリティの課題を積極的に推進しようとしているJAFIC、その今後に期待しています。

|

« インテリアライフスタイル記者発表会 魅力的出展社勢揃い | トップページ | 髙田賢三が宮本亜門演出オペラ「蝶々夫人」衣裳をデザイン »

ファッションビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インテリアライフスタイル記者発表会 魅力的出展社勢揃い | トップページ | 髙田賢三が宮本亜門演出オペラ「蝶々夫人」衣裳をデザイン »