« ギュスターヴ・モロー展 ― サロメと宿命の女たち ― | トップページ | 「ジャポニスム今再び」寄稿 »

2019年5月15日 (水)

2019/20秋冬プリスティン 新たな息吹感じる展示会

 今シーズンもアバンティ発「プリスティンPRISTINE」ブランドの展示会が、4月10日~12日、渋谷区神宮前のイベントスペースにて行われました。

Img_16231

 オーガニックコットンならではの気持ち良さを追求したレディス、ジェンツ(メンズ)、ベビー、リビングのコレクションがフロアーいっぱいに広がっていました。

Img_16191jpg

 2013年にスタートさせた回収した服でつくるアップサイクルの「リプリ プロジェクト」にも力が入っています。その新しいレーベルを2020年にスタートさせるといいます。

Img_16271

 秋冬色に染めた花柄が何とも上品でエレガントでした。

Img_16401jpg

 社会的な取り組みにも頭が下がります。1997年から始めた国産原綿プロジェクトは、今や大小30拠点で栽培が広がっているそう。国産茶綿を使ったものづくりを紹介されていました。

Img_1629j2pg

 新年の訪れを祝う「着衣初め(きそはじめ)」の提案です。たくさんのおめでたい「寿」ギフトにも注目です。
 
 プリスティンの新たな息吹を感じる展示会でした。

|

« ギュスターヴ・モロー展 ― サロメと宿命の女たち ― | トップページ | 「ジャポニスム今再び」寄稿 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギュスターヴ・モロー展 ― サロメと宿命の女たち ― | トップページ | 「ジャポニスム今再び」寄稿 »