« 2020春夏尾州マテリアルエキシビション⑴ 天然複合が人気 | トップページ | 「フェンディ クラフ」展 毛皮クラフトと現代アートの競演 »

2019年5月18日 (土)

2020春夏尾州マテリアルエキシビション⑵ 優秀作品展

 2020春夏尾州マテリアルエキシビションでは、「ジャパン・テキスタイル・コンテスト2018 優秀作品展」も併催されました。

Img_16631jpg

 これは昨年実施されたコンテストで「JFW-JC」でも展示されたといいます。今回はそれをじっくりと拝見することができました。
 審査総評によると、全体にサステナブルへの意識が高まり、イージーケアなどの機能性や軽量化へのアプローチ、日常生活での利便性へ向けての開発に関心が集まったといいます。
 いずれ劣らぬ作品が並ぶ中、ここではグランプリと新人賞をご紹介します。いずれも播州・西脇産地でつくられたコットン素材を使用した作品でした。

 まずグランプリです。
 受賞したのはコットンの「ニュー・ギャバジン」でした。西脇産地の東播染工所属のデザイナー、小野 圭那さんが憧れのギャバジンコートを思い描いて創作したといいます。

Img_16481
 密度の詰まったギャバジンは一見シンプルな無地のようですが、よく見ると角度によりチェック柄が見え隠れし立体的な奥行きを感じさせます。 これはジャカードではなく、ドビー機で織り出したものだそう。ギャバジンというベーシックな織組織を捻って、変化する意匠をさりげなく採り入れたデザインが高評価されたようです。
Img_16541jpg  仕上げには塩縮加工を施して、自然なシワ感が演出されています。
 少し硬めのタッチにもこだわったといいます。 
 洗練された上質な風合いとラフなビンテージ感を程よいバランスで表現した、文字通りの新感覚「ニュー・ギャバジン」。コートのみならず様々なアイテムに展開が期待されます。

  なお、右のトレンチコートを制作したのはコ・ハクション(ko-haction)を手掛けるデザイナー、小池俊介さん。

 
 次の新人賞も、西脇産地のメーカー、島田製織のデザイナー、白本 恵美さんが受賞。
Img_16581
 Img_16571jpg 「夜と波」と題した、伝統的な“よろけ織”をエレガントに表現した作品です。
 素材は細番手コットンとキュプラの組み合わせで、落ち感と見る角度により異なるサテンの光沢がポイント。
 “よろけ織”という播州ならでは波状の視覚効果と動きのある光沢感、軽い滑らかな感触が高級感を増幅しているようです。

|

« 2020春夏尾州マテリアルエキシビション⑴ 天然複合が人気 | トップページ | 「フェンディ クラフ」展 毛皮クラフトと現代アートの競演 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020春夏尾州マテリアルエキシビション⑴ 天然複合が人気 | トップページ | 「フェンディ クラフ」展 毛皮クラフトと現代アートの競演 »