« 19/20秋冬AFWT "まとふ" テーマは「雪の恵み」 | トップページ | PR01. TRADE SHOW TOKYO展 個性溢れる若手ブランド »

2019年4月23日 (火)

19/20秋冬AFWT ヒロコ コシノ ピアノ生演奏に乗せて

 デザイナーのコシノ ヒロコさんが手がけるヒロコ コシノ(HIROKO KOSHINO)のショーは、いつも凝った趣向で魅了されます。
 今シーズンは、恵比寿ガーデンホールの舞台中央に、ピアニストの横山幸雄氏を迎えてのランウェイでした。
 ピアノの即興的生演奏に乗せて、モデルが登場し、ピアノの周りを歩く演出です。

Img_13321jpg

 
Img_12841jpg  テーマは「3D→2D→3D」で、立体の服を解体して平面にし、それを再構築することで生まれるフォルムを追求したといいます。創り出された3Dには、2Dの名残が感じられるものが多く、両袖が一枚の布としてつながっているジャケットや、すっぽり被って着るドレス、オリガミのようなディテールのものなども見受けられます。 
 シルエットは全体にすっきりとしたロング&リーン。構築的とはいえ、しなやかで流れるようなドレープを描くものが多く見られました。
 後半になると、グラフィックなビジュアルのドレスが現れ、前衛的なアートのニュアンスを醸し出します。
Img_13111 Img_12931

 
 音楽とファッション、アートが混じり合いクロスオーバーする一夜限りの環境芸術を堪能したコレクションでした。

Img_13431

 フィナーレでコシノヒロコさんとピアニストの横山幸雄氏。

|

« 19/20秋冬AFWT "まとふ" テーマは「雪の恵み」 | トップページ | PR01. TRADE SHOW TOKYO展 個性溢れる若手ブランド »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 19/20秋冬AFWT "まとふ" テーマは「雪の恵み」 | トップページ | PR01. TRADE SHOW TOKYO展 個性溢れる若手ブランド »