« PVパリ⒇ プリントは爽やかさとともに赤が目立つ展開 | トップページ | コットン・ファッション・セミナー開催のお知らせ »

2019年3月17日 (日)

PVパリ(21) 持続可能で独創的な日本のニット生地

 高度な技術と独創性を誇る日本のニット、持続可能な素材提案も欠かせないと、対応に力を入れています。

エイガールズ
 「バック・トゥ・ネイチャー」をテーマに、サステナビリティを打ち出していたのが印象的です。

Img_05431 新素材としてとくにキュプラをマークし、糸から開発したといいます。

Img_05471  右は、表ベンベルグ、裏コットンのリップルストレッチニット。
 キュプロのコンパクトな編地をスエードのような感触に仕上げたものも。

Img_05511  またラメが好評とのこと。とくにシルバーが微妙なニュアンスで光る裏毛や、見る角度によりオーロラのように光るラメも人気といいます。

カネマサ莫大
Img_05721_2  
ニットで布帛のような生地が好評とのこと。
 一見紙もしくは不織布のようにも見えましたが---、ところが綿100%の丸編みジャージーでした。
 心地よいエコフレンドリーな素材です。


宮田毛織工業

Img_05661  人気素材は落ち感があってドレープ性に富むエレガントなニットといいます。
 トリアセ/ポリエステルが主体。

Img_05651  奥のコーナーには、新内外綿のコットン/テンセルによるボタニカルダイ製品が展示されていました。エコを求めるバイヤーへの提案として人気のようです。

東光商事
 白いTシャツをずらりとウインドーに並べたところ、これが好評だったそう。
Img_04981  生地はハリ感を持たせたスムースで、布帛のような仕上がりのもの。落ち綿使いのリサイクルコットン使いといいます。

Img_04961jpg  今シーズン、大人気となっているキリンのモチーフのプリントにも注目です。コシノヒロコ・テキスタイルラボによるデザインだそう。

ミナミ
 全体に色味のきれいなスエット地が人気といいます。
Img_05331
Img_05361  サッカー風の裏パイルも好調。
 テリークロスも。
 だらだらと落ち感があってドレープする質感への関心も高いとのこと。

森下メリヤス工場
 ピックアップが多かったのは表面加工されたもの、ふくれ加工や楊柳調のもの。
 またオーガニックコットンやリサイクルコットンも多くの引き合いがあったといいます。
Img_04931jpg Img_04911

|

« PVパリ⒇ プリントは爽やかさとともに赤が目立つ展開 | トップページ | コットン・ファッション・セミナー開催のお知らせ »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PVパリ(21) 持続可能で独創的な日本のニット生地:

« PVパリ⒇ プリントは爽やかさとともに赤が目立つ展開 | トップページ | コットン・ファッション・セミナー開催のお知らせ »