« 2019秋冬アンビアンス合同展 ラトビアのブランドも参加して | トップページ | フレンチ・デザイン展 ―“悪趣味のセンスはない” »

2019年3月29日 (金)

2019秋冬「プラグイン」国産やサステナブルへの関心高く

 上質なファッションとライフスタイルの展示会「プラグイン(PLUG IN)」が3月13~15日、渋谷ヒカリエホールにて開催されました。主催の繊研新聞社によると、出展社は86社で96ブランド、来場者は2,578名だったそうです。全体に前回よりも縮小した感じがしましたが、ポジティブな雰囲気に変わりはなかったように見受けられました。

 傾向としては昨今のインバウンドブームもあって、国産とくに地方発のブランド発信や、サステナブル(持続可能)を謳うブランドへの関心が高まっているようです。

カフェ・タビ(cafe tabi)
 広島県福山市本拠のアパレル・アイというレディスのパンツ中心のアパレルメーカーが手がけているブランドです。生産はすべて国産で、日本製の生地を使い、自社企画、地元生産を貫いているといいます。

Img_03661

 そのキャッチコピーは「歩きたくなるパンツ」です。大股の切り替え位置を従来のパンツよりも前に寄せることによって脚を前に出しやすい、だから歩きたくなる設計にしているといいます。
 生地に透けない工夫を施すなど、細部にまでこだわってつくられているのに、6,000円から7,000円台と低価格なのもうれしいですね。

ソウメイ(soumei)
 徳島県鳴門市本拠の本藍染めの工房「STUDIO N2」の根本ちとせさんによるブランドです。藍の持つ消臭性などの機能を活かしたインナーウエア、とくに新しくメリノウールのものを開発し発表していました。

Img_03431

ブリング・マテリアル(BRING Material)
 「服から服をつくる」をテーマにサーキュラーエコノミーを実現しているブランドです。日本環境設計が手がける旧FUKU-FUKUプロジェクトが生まれ変わってできたブランドで、昨年立ち上がったといいます。

Img_03591 
 訴求しているのは、ブリング・プロジェクトが回収した古着と再生ポリエステルでつくった、一見コットンと見紛うポリエステル100%のウエアです。価格はTシャツ5,800円とか。
 
シーズン・オフ (season off)
 「Each of Life The shop」という群馬県桐生市本拠の小売りが手がけるブランドです。とはいえ生地はお隣、栃木県の足利市からのものを使っているそう。縫製は桐生市で行なっているので、“メイドイン・キリュー&アシカガ”というわけです。
 桐生も足利も機業地なだけに、残布は豊富。それを利用したブランドなのですね。

Img_03461

 テーマは「ベーシック・イズ・ビューティフル」。価格はシャツ8,600円~。
 

|

« 2019秋冬アンビアンス合同展 ラトビアのブランドも参加して | トップページ | フレンチ・デザイン展 ―“悪趣味のセンスはない” »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019秋冬アンビアンス合同展 ラトビアのブランドも参加して | トップページ | フレンチ・デザイン展 ―“悪趣味のセンスはない” »