« PVパリ⑺ アメリカ綿「WHAT’S NEW IN COTTON?」展 | トップページ | PVパリ⑻ 一新されたスタッフの制服に丸和商事の播州織 »

2019年3月 3日 (日)

松屋銀座で「ベニシアさんの手づくり暮らし展」開催中

 今、松屋銀座で「ベニシアさんの手づくり暮らし展」が11日まで、開催されています。先日、その内覧会が行われ、参加しました。

 ベニシアさんはあのイギリス人女性、ベニシア・スタンリー・スミスさんです。由緒正しい英国貴族の家系に生まれながらも、19歳で放浪の旅に出て、京都・大原で出会った日本の古民家で素朴な手づくりの暮らしをされているのですね。10年ほど前に、その生活ぶりを紹介する写真展が開かれ、これがNHKの記者の目に留まり、Eテレで「猫のしっぽ カエルの手」という番組が放映されるようになったとか。私も時折見ていて、そのたびに古民家の古き良き暮らしっていいな---と憧れています。その後制作された「ベニシアさんの四季の庭」というドキュメンタリー映画も見ました。意外にも波乱な人生を過ごされていて、感動したことが思い出されます。

 本展では美しい写真や映像、スケッチとともに、ご自宅のお庭やキッチン、愛用のテーブルウェアなどが再現されています。テレビや映像では伝わってこない、ベニシアさんの穏やかな暮らしを体験できる、ちょっとすてきな展覧会です。

Img_00081  お庭の風景です。ベニシアさんの庭づくりの原点は、一家が1956年に移り住んだジャージー島の農場での体験にあるといいます。

Img_00181jpg  
Img_00171jpg  絵もお得意で、スケッチが多数展示されています。

Img_00611  本展の一番の見どころがこの広い空間です。

Img_00621   とくに暖炉は大のお気に入りだそう。

Img_00451  キッチン台にはスペイン風のタイルがはめ込まれています。

Img_00541jpg  ピクニックセットです。布には手づくりの刺繍が施されています。

Img_00831  最後にご夫妻で仲睦まじく手をつないで登場。ご主人は山岳写真家の梶山正氏です。

  なお、写真は美術館より特別の許可をいただきました。詳細は、http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/20190228_venetia_8es.htmlを参照ください。

|

« PVパリ⑺ アメリカ綿「WHAT’S NEW IN COTTON?」展 | トップページ | PVパリ⑻ 一新されたスタッフの制服に丸和商事の播州織 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松屋銀座で「ベニシアさんの手づくり暮らし展」開催中:

« PVパリ⑺ アメリカ綿「WHAT’S NEW IN COTTON?」展 | トップページ | PVパリ⑻ 一新されたスタッフの制服に丸和商事の播州織 »