« PVパリ⑴ 出展社数増もブレグジットの影響で来場者数減 | トップページ | PVパリ⑶ 「ウェアラブル・ラブ」“人間拡張”をテーマに »

2019年2月25日 (月)

PVパリ⑵ PVマーケットプレイス 取り扱い商品広がる

 PVマーケットプレイスは、昨年9月に始動したBtoBプラットフォームです。当初はPVファブリックのみでしたが、今期はPVレザーもスタートし、取り扱い商品の幅がどんどん広がっています。次期9月展からはPVアクセサリー(服飾資材)にも採り入れられる予定といいます。
  見本市会場では体験スペースも設けられ、来場者の関心を集めていました。

2_2
 このWEBサイトには企業プロフィールと素材写真を6点、無料で掲載するオンラインサービスと、サンプルの受注が可能な有料(200 <約¥26,000>/月)のアクティブショップが設定されています。この半年でPVファブリックの約750社がこのサービスに参加。その内150社がアクティブショップのユーザーとなり、この数字は今期、PVレザーの導入もあり、ますます増えています。出展企業のオンライン登録は950社を超えたといい、アクティブユーザーも倍増しているようです。
 一方、バイヤーも順調に増えている模様で、カスタマーアカウントは2,200、ビジターは17,000、ページヴューは105,000と発表されていました。

 細分化され多様化される市場を受けて、見本市も今や曲がり角を迎えています。バイヤーも新世代が台頭してきました。彼らに向けて365日いつでも、どこからでも、誰もがアクセス可能な新ビジネスの場がPVマーケットプレイスです。
 PVマーケットプレイスは出展社にとって、見本市への出展を補完する新しい営業ツールとなっていくことでしょう。さらなる充実が図られるという次回が楽しみです。

|

« PVパリ⑴ 出展社数増もブレグジットの影響で来場者数減 | トップページ | PVパリ⑶ 「ウェアラブル・ラブ」“人間拡張”をテーマに »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PVパリ⑵ PVマーケットプレイス 取り扱い商品広がる:

« PVパリ⑴ 出展社数増もブレグジットの影響で来場者数減 | トップページ | PVパリ⑶ 「ウェアラブル・ラブ」“人間拡張”をテーマに »