« PVパリ⑶ 「ウェアラブル・ラブ」“人間拡張”をテーマに | トップページ | PVパリ⑸  キー・カラーはインパクトの強い“赤” »

2019年2月27日 (水)

PVパリ⑷ キー・ヴィジュアル“未来への責任”をイメージ

  PVパリはシーズン毎に、そのシーズンを一目で表現するヴィジュアルを掲げています。

Pv
 上が2020年春夏を開く鍵となるキー・ヴィジュアルです。ちょっと異様な感じがしますね。春らしい明るい陽射しが降り注ぐ菜の花畑にヌッと現れた黒っぽいオブジェは何でしょう?
 PVパリのトレンド委員に伺いましたら、これはファッション産業に対し、地球の“未来への責任”をイメージしているとか。シーズン全体のトレンドが“アーティスティック”な方向に傾く中で、地球にコミットする、つまり責任を持つことを伝えたいという思いが込められているといいます。

 黒っぽい物体は、ふくらませた大小のビニール袋を重ねてつくった“案山子(かかし)”のようにも見えます。“人”のように、大きく手を広げて「こちらに来て」と呼んでいる姿を思わせます。大地に立つ“木”、 あるいは“矢”という人もあるそうですが---。
 人によって見方はいろいろ。要は、環境にコミットしながら、ときに調和を乱すものも参入してくる、これはそんなファッションのシーズンを思う存分楽しんで、と呟いているのかもしれません。

|

« PVパリ⑶ 「ウェアラブル・ラブ」“人間拡張”をテーマに | トップページ | PVパリ⑸  キー・カラーはインパクトの強い“赤” »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PVパリ⑷ キー・ヴィジュアル“未来への責任”をイメージ:

« PVパリ⑶ 「ウェアラブル・ラブ」“人間拡張”をテーマに | トップページ | PVパリ⑸  キー・カラーはインパクトの強い“赤” »