« ミラノ「フォンダシオン プラダ」でもう一つのバロック体験 | トップページ | ロンドン“カナリーワーフ”ショッピングモールを訪れて »

2019年2月18日 (月)

ロンドン「スウィンギングロンドン ライフスタイル革命展」

 ロンドンでは今回、ファッション&テキスタイルミュージアムに行ってきました。訪れたのは初めてでしたが、ロンドンブリッジ駅から徒歩5分、ピンク色の目立つ建物でわかりやすかったです。ここは英国パンクのアイコン、デザイナーのザンドラ・ローズ(Zandra Rhodes)が2003年に立ち上げたミュージアムだそう。行ってみるまで知りませんでした。

 ちょうど企画展「スウィンギングロンドン:ライフスタイル革命/Img_21301テレンス・コンラン―マリー・クワント Swinging London: A Lifestyle Revolution / Terence Conran ― Mary Quant」がスタートした日で、小さな館内は人でいっぱいでした。

 20世紀英国の歴史の変革期、“スウィンギングロンドン”と呼ばれた時代、とくに1952年から1977年までを取り上げ、当時ライフスタイル革命を起こしたテレンス・コンランとマリー・クワントにスポットが当てられています。
Img_21091jpg
 テレンス・コンランはサーとして叙勲された家具・インテリアデザイナーで、ザ・コンランショップの生みの親です。またマリー・クワントは1960年代にミニスカートで一大ブレークしたファッションデザイナーです。この二人は親交が厚く、マリー・クワントの物議をかもした「バザー Bazaar」に続くセカンドショップのデザインはテレンス・コンランが手がけたといいます。またテレンス・コンランは、1964年に初のライフスタイルショップ「ハビタHABITA」を立ち上げました。
Img_21081  
 本展は、ショッピングに革命を巻き起こした二人の仕事を軸に、当時の生活スタイルを掘り起こす興味深い展覧会でした。今人気のライフスタイルショップのルーツを探る良い機会にもなるのでは---。なお会期は6月2日までです。

|

« ミラノ「フォンダシオン プラダ」でもう一つのバロック体験 | トップページ | ロンドン“カナリーワーフ”ショッピングモールを訪れて »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン「スウィンギングロンドン ライフスタイル革命展」:

« ミラノ「フォンダシオン プラダ」でもう一つのバロック体験 | トップページ | ロンドン“カナリーワーフ”ショッピングモールを訪れて »