« 世界最大級のスポーツ見本市 ISPOミュンヘンを訪れて  | トップページ | ミラノ・ウニカ⑵ 日本パビリオン出展10回目記念イベント »

2019年2月 9日 (土)

ミラノ・ウニカ⑴ 開幕式 サステナビリティとe-milanounica

 2020年春夏ファッションテキスタイルの見本市、第28回ミラノ・ウニカ(MILANO UNICA  略してMU)が、この5~7日、ミラノのフィエラ・ロー会場にて開催されました。
Img_13021jpg  出展社は421社でそのうちの約20%にあたる80社がイタリア以外の外国企業とのことです。これに日本と韓国の出展社、それぞれ31社と15社を加えると、参加出展社の総数は昨年2月展並みの467社、また来場社数も約6,000社と昨年2月展とほぼ同じレベルと発表されています。(雰囲気としてはこの数よりも少ない感じでしたが---。)

 開幕式では、MU会長のエルコレ・ポッド・ポワーラ氏が挨拶、その後シンポジウムが行われました。モデレーターはポワーラ氏、パネリストはEuratexサステナブルビジネスの責任者マウロ・スカーリア氏、ピッティ・イマージネ代表取締役ラッファエッロ・ナポレオーネ氏、ICE理事長ロベルト・ルオンゴ氏の各氏です。
025_cerimonia_inaugurale_4500px_mu2
 シンポジウムでは大きく二つのテーマが取り上げられました。
 一つは、前回から続くサステナビリティを掘り下げた“プロセスの革新”です。とくに今回は環境保護を目指す生産組織の役割がクローズアップされました。そのポイントは、これまでの製品の持続可能性を追求する段階から、より発展した経営プロセスや機能の持続可能性という総合的な追求へと舵を切ることといいます。

Img_17101
 トレンドエリアに隣接して開設された“サステナビリティ・プロジェクト”はそのライトモチーフ(上の写真)です。3回目を迎えて、約120社から総数約700点のテキスタイルと服飾付属品のサンプルが展示される中、長期的な目標や改良の課題、モニタリングやレポート計画の設定、持続可能な統合的経営システムの採用を進めている企業にスポットが当てられました。データによるとそうした企業は、危険な化学物質を用いない生産工程(65%以上)や、循環的な生産モデルの採用(20%以上)、生産プロセスやエネルギー、水の節約の統合的管理への先進的取り組み(33%以上)を実施しているといいます。
 ここではサステナビリティを広義でとらえることの重要性が改めて指摘されました。オーガニック素材やリサイクル合繊とかバイオ合繊の使用は、サステナビリティの一部として大切です。しかしそれ以上に肝要なのが、原料から製品に至るまでの工程や透明なトレーサビリティ(追跡可能性)、労働環境などを含む全体への考慮といいます。
 これからは循環型社会という考え方を、つくり手から使い手まで、広く認識していく必要があると強調し締めくくりました。

 もう一つは 、新たに立ち上げたマーケットプレイス“ e-milanounica”のトピックです。いつでもどこでもどんなデバイスからもアクセス可能なデジタル・プラットフォーム で、このプロジェクト自体は2年以上前にMU365として構想されていました。このほど改めて、MUとピッティ・インマージネの間のシステム・パートナーシップのもとで実現したものといいます。
 サイトはMUの今会期終了後の8日、パイロット版がスタートし、2019年7月には完全版が公開される予定になっています。eコマースではありませんが、B to B(企業間取引)の情報ツールとしてバイヤーが事前に生地をチェックできるメリットがあります。
 現在60社が参加しているとのこと。MU出展社を対象に、オンラインへの生地サンプルの掲載は一社20点まで、また撮影も無償で行われるといいます。日本の出展企業はまだ準備不足のようでしたが、マーケティングやプロモーションなどあらゆる側面からバックアップが得られそう。今後の展開が期待されます。

 最後に、日本ファッションウィーク推進機構(JFW)の三宅正彦理事長が登壇しました。
043_cerimonia_inaugurale_4500px_mu2 今回で出展10回目を迎えた日本パビリオンへの感謝の念を述べられ、「日本はハイテクとローテクの高い複合技術を持っています。日本人の繊細な感性や生産現場のモラルの高さに支えられてつくられた日本独自の生地を触りに、日本パビリオンにぜひ足を運んでいただきたい」と語られていたのが印象的でした。

|

« 世界最大級のスポーツ見本市 ISPOミュンヘンを訪れて  | トップページ | ミラノ・ウニカ⑵ 日本パビリオン出展10回目記念イベント »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミラノ・ウニカ⑴ 開幕式 サステナビリティとe-milanounica:

« 世界最大級のスポーツ見本市 ISPOミュンヘンを訪れて  | トップページ | ミラノ・ウニカ⑵ 日本パビリオン出展10回目記念イベント »