« 第5回ウェアラブルEXPO ⑶ 繊維素材メーカーの新技術 | トップページ | 播州織総合素材展2019 ⑴ 「先染めに魅せられて」 »

2019年2月 2日 (土)

第5回ウェアラブルEXPO⑷ AIはビジネスをどう変えるか

 先般開催されたウェアラブルEXPOでのセミナーで、日立製作所フェロー 理事 矢野 和男氏による特別講演が行われました。
Img_01501  テーマは「AI(人工知能)はビジネスをどう変えるか」です。最近、AIで仕事がなくなるなどと言われるようになり、この問題への関心が高まっています。私も興味津々、受講しました。

 前半はAIの本質についてです。これまでは全てにおいて標準化が重要なテーマでしたけれども、これからは「ルール志向からアウトカム志向へ」変化する時代となっていく。こうした様々な変化に適応するにはAIがもっとも適しているといいます。
 アルファ碁が人間を制したように、AIは自ら学習して進化する頭脳になっていくというのです。ブランコや鉄棒をするAIなど、そのいくつかの例を動画で見せていただき、その能力に驚嘆させられました。倦まず弛まず同じことを繰り返していくうちに、あるときからAIは人間が思いつかないようなことを見つけて実行していくのです。スゴイ学習能力です。それまでのルールを置き換えていくとは! ちょっと空恐ろしくなります。
 後半はこのAIが人をルールから解放し、人を幸せにするというお話しでした。「えっ、それほんとう?人の幸せを測れるなんて」とびっくりです。でも実際、矢野氏のチームでは、職場で働く人たちのハピネス度を測っているそうです。そうすることで、仕事の効率がよくなり、業績が上がったといいます。
 元半導体の研究をされていたという矢野氏、ご自身の手首にリストバンドセンサーを着けて9年間、身体運動を計測して、楽観的なときと悲観的なときを比較したそうです。幸せの感じ方というのは、人によって違いますけれど、不幸せなときというのは身体行動が似通っていることを発見。その組み合わせ方で幸せ度を測ることができるといいます。それを画像で紹介していただき、なるほどと思ったことでした。

 これから人はAIで気づきを与えられ、ビジネスで成果を出せるようになるのかしら---。ハピネスは伝染するそうです。みんなハッピー、そんな風になれるといいですね。

|

« 第5回ウェアラブルEXPO ⑶ 繊維素材メーカーの新技術 | トップページ | 播州織総合素材展2019 ⑴ 「先染めに魅せられて」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/67644154

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回ウェアラブルEXPO⑷ AIはビジネスをどう変えるか:

« 第5回ウェアラブルEXPO ⑶ 繊維素材メーカーの新技術 | トップページ | 播州織総合素材展2019 ⑴ 「先染めに魅せられて」 »